【6/27日】三好基晴医師・正当医学オンライン講座 第6回【オンライン講座】 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)#6128 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(24) "セミナー・講演会" ["slug"]=> string(7) "seminar" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(76) ["count"]=> int(118) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(118) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "セミナー・講演会" ["category_nicename"]=> string(7) "seminar" ["category_parent"]=> int(76) }

イベント情報

オンラインセミナーセミナー・講演会

【6/27日】三好基晴医師・正当医学オンライン講座 第6回【オンライン講座】

2021.06.11

“一錠のクスリも出さない医師”こと三好基晴先生の講座です。
この講座は、前半はメインテーマとその時々の重要事項に合わせたフレキシブルなお話となり、後半は自然食の紹介や健康病の問題についてのお話になります。
第6回目は6月27日(日)に開催いたします。(受付:当日参加は開始30分前まで・動画のみご参加は6月27日の23:59マデ)
※お申込みの方全員に動画閲覧ID(閲覧期限7月11日(日)23:59マデ)をお送りいたします。第6回開催当日中までであれば動画配信の受付を致しますので、当日ご都合の合わない方もお申込みくださいませ。

——————————————————————————————

第6回目の内容、メインテーマである前半は「新型コロナの最新情報」と「代替医療」についてのお話です。

三好先生からのメッセージです。

前半は新型コロナに関する最新の情報をお伝えします。
 
 藤沢市で小中学の子どもさんの母親たちが「子どもの笑顔を守りたい 藤沢の母の集い」の会を立ち上げ活動しています。
 マスクをさせたくない思いで学校や教育委員会や政治家と話し合いを始めており、私も同席することがあります。藤沢市から始まった活動が鎌倉市や茅ヶ崎市などにも広がっています。マスクのみならずワクチンについても課題にしています。その様子の報告をします。
 
代替医療は健康病
 代替療法は数多くあり、それぞれの代替医療を行なっている人はそれが一番良いと思っているでしょうが、他の代替療法と効果を比較することは難しいです。
どの代替療法を選ぶかの基準はあるのでしょうか。また、複数の治療法を同時に行なったり現代医療と併用すると、どのように症状が変化するか予測はできないと思います。
 現代医療と同じように、代替療法も対症療法であり根本療法とは言えません。何ごとも原因と結果があるように、病気は結果であり、原因を改善しなければ根本的な治療にはなりません。
例えば、1日に数百歩しか歩かず運動不足が原因で膝の痛みや腰痛や肩こりがあるとします。根本的な治療は運動をすることです。運動不足を解消せず、代替療法で症状を抑えても病気が治ったとは言えません。
 代替療法は言われるほどの効果効能があるとは思えません。現代医療でも代替療法でも、効果効能があると言ってそれがなければ詐欺であり、効果効能があれば必ず副作用があるということです。
 現代医療も代替療法も対症療法ですから、病気症状を抑えてしまうとそれが原因で新たな病気が発生することがあります。
代替療法の中には病気の発熱をよいとする考えがあり、漢方薬などで発熱を促進させるものもありますが、そうすると、自分自身で発熱する能力が発揮できず自然治癒力が低下してしまいます。
 現代医療と代替療法を化学肥料と有機肥料に例えてみましょう。化学肥料は化学物質だからよくないが有機肥料は化学物質ではないからよい、と間違って思われていますが肥料には変わりはなく、肥毒が原因で作物に害虫や病気が発生することがあります。
 病気によっては病気そのものが自然治癒力の現われであり、病気症状が病気を治していることがあります。現代医療でも代替療法でも、物質的な物で病気は治らないのです。病気を根本的に治せるのは、自分自身の持っている自然治癒力だけなのです。
 病気になったら何か人為的なことをしなければ治らないという固定観念がある限り、自然治癒力を高めることは難しいでしょう。

お申し込み時に、下記のテーマで希望する項目がありましたら番号をお知らせください。(複数可)
1電車の農薬散布 
2天然農薬ニームの有害性 
3農薬入りの蚊帳 
4スーパー雑草 
5自然栽培農家と蚊取り線香 
6果物アレルギーと農薬 
7有機農産物の残留農薬 
8無農薬野菜の生物農薬様物質 
9減農薬キャベツの農薬は19回 
10食中毒と農薬中毒 
11国産でもポストハーベスト農薬は使われている 
12糖度分布の比較 
13肥料を与えなくても農作物はできる 
14農薬と子供の発達障害 
15自然栽培はアポトーシス、有肥栽培はネクローシス 
16ビニールマルチの有害性 
17有機畜産の裏側 
18肥料の冷却反応 
19栽培物の山菜

 ※質疑応答の時間がありますが、事前に質問や講座希望内容がありましたら、前日までにお知らせください。

<概要>

■講師:三好基晴先生

1953年、福井県鯖江市生まれ。
医学博士、臨床環境医。ホスメック・クリニック院長。
アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患、化学物質過敏症、電磁波過敏症、がんや糖尿病などの生活習慣病に対して、衣食住の生活環境を改善する診療をしている。全国で講演会やセミナー、料理教室などを行っている。著書は、共著「買ってはいけない」(週刊金曜日)、「薬の常識はウソだらけ」(廣済堂出版)、「自然食の裏側」(かんき出版)、「発酵遺産」(花書院)など多数。

■日時:
第6回目
2021年6月27日(日)  13:30~16:00 @オンライン講座(13:15開場)
メインテーマ            13:30~14:50
休憩                         14:50~15:00 
対談                         15:00~15:30 
質疑応答              15:30~16:00 

※当日ご参加が難しい方も講演会開催後に動画を配信致します。(動画閲覧期限2021年7月11日23:59)
開催後数日中に、当日参加された方にも、参加されなかった方にもメールにてご案内します。

■お申込み:お申込みはコチラから
→ https://www.nh-plants.net/shopdetail/000000002083

※リンク先のオンラインショップ「プランツネット」での決済が完了した時点でお申込み完了となります。
オプション内の開催日時を設定し、お申込みをお願い致します。

お申込み期限:当日参加は開始30分前まで・動画のみご参加は開催日の23:59マデ

■受講方法:ZOOMにてご参加いただきます。開催日の1週間前(1週間以内のお申込みの場合はお申込みの翌日)までにスクール事務局「school@naturalharmony.co.jp」から、ZOOMミーティング IDをメールでお送りいたしますので、パソコン、スマートフォン、タブレットなどでご参加ください。

※お客様がお使いのメールの設定により「school@naturalharmony.co.jp」からのメールが、迷惑・広告メールのフォルダに振り分けられたり、受信拒否される場合がございますので、そちらもご確認いただけますようご協力をお願い致します。
それでも届いていない場合は school@naturalharmony.co.jp へ、ご確認のご連絡をお願い致します。
 

■定員:50名

■受講料:
各回受講 3500円

■お支払い方法:クレジットカード決済(銀行振込希望の方はschool@naturalharmony.co.jpまでご連絡下さい。)

■ご注意事項

・受講の前にあらかじめ機材の接続の仕方のご確認をお願いたします。

・開始時間の15分前から入場可能となっております。入場された方から順次点呼を取らせていただき、定刻には開始させていただきますのでお早めのご入場をお願い致します。

・当日遅刻またはご参加できなかった場合、当日録画された動画(閲覧期限:開催日より2週間)を配信させていただきます。

・決済完了後・お申込み後はキャンセルできませんのでご注意ください。当日遅刻または出席できなかった場合、機材トラブルなどでご覧になれなかった場合も返金対応はしておりませんので、ご了承ください。

・世の中の状況により、開催直前に変更または中止させていただく場合がございます。中止の場合はご返金させていただきます。

■お問い合わせ:
ナチュラル・ハーモニー スクール事務局
school@naturalharmony.co.jp
Tel :050-5213-1941
(営業時間:平日10:00~17:00/定休日:土・日・祝日)
担当:井上

関連記事

よく読まれている記事