【10/22火〜11/30土】「woodpecker いちょうのまな板」展(プランツ) | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6593]
  public 'term_id' => int 38
  public 'name' => string 'プランツ(横浜)' (length=24)
  public 'slug' => string 'plants' (length=6)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 38
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 12
  public 'count' => int 346
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '4' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 38
  public 'category_count' => int 346
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string 'プランツ(横浜)' (length=24)
  public 'category_nicename' => string 'plants' (length=6)
  public 'category_parent' => int 12

店舗情報

プランツ(横浜)雑貨店頭試食・展示会

【10/22火〜11/30土】「woodpecker いちょうのまな板」展(プランツ)

2019.10.17


「woodpecker いちょうのまな板」展

メンテナンスをしながら15 年以上使える“いちょうの木のまな板”

「暮らしと自然を木でつなぐ」をコンセプトに、2007 年にデビューした木製品ブランド「woodpecker(ウッドペッカー)」。
いちょうの木のまな板のほか、山桜のカッティングボードやお皿等、職人がつくる木製品の企画・デザイン・製造・販売を一貫して行っています。

いちょうの木は柔らかく弾力性があるため包丁の刃当たりがよく、昔からプロの料理人に好まれてきました。木の個性を知り尽くした職人が手仕事で仕上げるまな板はひとつとして同じものはなく、より愛着の湧く生活道具として多くの人に愛用されています。

木のまな板は、薄く削り直しながら上手に付き合えば15 年以上使い続けることができます。
今回のイベントでは、「木のまな板との上手な付き合い方」をテーマに、二種の木材を削ってまな板を作るワークショップや、手持ちのまな板の削り直し・相談会を開催。木製品の知識をアップデートすることで暮らしを豊かにする、そのきっかけづくりを目指したイベントです。

 
「woodpecker いちょうのまな板」展
メンテナンスをしながら15 年以上使える“いちょうの木のまな板”
■期間:10/22(火・祝)~11/30(土)
■会場:ナチュラル&ハーモニック プランツ

 
————–
★ woodpecker 代表 福井賢治さんが講師のワークショップも同時開催!

まな板作りワークショップ・メンテナンス受注会
詳細・お申込みはこちら
https://naturalharmony.co.jp/woodpeckerws201911/

—————————————————–
■お問合せ:
ナチュラル&ハーモニック プランツ

神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1
ノースポート・モール B2F
http://www.nh-plants.com/access/
TEL:045-914-7505
OPEN:11:00~20:30(年中無休)

—————————————————–

 

関連記事

よく読まれている記事