【スタッフブログ】2歳児との対話 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6644]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 244
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 244
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】2歳児との対話

2019.05.4

皆さん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当 大江です。

令和元年おめでとうございます。

新たな時代を迎えられたことを感謝するとともに
これからも平和な時代が末永く続いていくことを
心から祈っております。

さて時代が変わりましても、
自然の営みは変わることなく
若葉の新緑が目にまぶしい季節を迎え、
自宅の周りではカエルの大合唱が鳴り響くようになりました。

5月2日は八十八夜。
立春から数えて八十八日目にあたるこの雑節は
明け方に遅霜が発生しやすい時期だったようで
農家への注意を促すために出来たといわれています。

それこそ昔は作物が霜にあたってしまえば
死活問題になるほどの被害が出てしまうこともあったでしょう。
現代では農業技術や対策手段も発達したのでそこまでの被害は
出ないのかもしれませんが、被害をできるだけ少なくするために
暦にその想いを込めたのはやはり先人の知恵の一つだったのでしょうね。

こうした雑節を通じて想いを巡らせられるのも
暦に沿って生活することの醍醐味じゃないかなと思っています。

さて、5月6日からは「立夏」に入り、
本格的な田植えのシーズンが始まります。

私たちもこれからやってくる暑い季節に向けて
心身共に準備をしていく必要がありそうですね(汗)

宅配セットに入る夏野菜たちも今畑で着々と準備しているところです。
お届けまで楽しみにお待ちくださいね♪

さて毎度私事の話題で恐縮ですが、
娘が先月2歳になりました!

いわゆる未熟児でのお産だったため、
生まれてすぐは多少の不安はあったものの
その後順調にすくすく成長し、
めでたく2歳の日を迎えることができました。

色々と捉え方はあると思いますが
私の場合は、「あっという間」でした。
ざざっと振り返ってみると
一人では何もできなかった子が
寝返りするようになり、座って、這って、
立って、歩き出し、喋りだして……と
誰に教わるでもなく、ひとりでに
目まぐるしい変化、進化を遂げてきたのを目の当たりにし、
「この生き物はなんじゃ~(驚)」
と生命の神秘を感じずにはいられない
日々の連続でした。

そうして今では、
毎朝「パパ、あっこ~(抱っこ~)」と言いながら
せがんでくる娘をついつい抱き上げてしまう
甘々の父親になってしまいました。

ただこうして甘えてくれるのも今のうち。
父親は娘にいずれ嫌われる運命(?)
にあると思っているので、
今のうちに一生分可愛がっておこう
というスタンスで接しています(笑)

そんな娘ですが、そこそこ言葉を覚えてきた様に思い、
今分かって使っている言葉をまとめてみました。

▼ご飯関連
・はっぱ(葉野菜全般、葉っぱ)※一番最初に覚えた語
・まんまー(ご飯)
・も(いも)
・ぱん(パン)
・んまい(おいしい)

▼動物関連
・わんわん(犬、他四つ足全般)
・かーかー(鳥全般)
・ぴーぴー(小鳥、鳥全般)
・ぱん(パンダ)
・ちょーちょ(蝶々)
・へび(蛇)

▼身体の部位
・てて(手、腕)
・みみ(耳)
・はな(鼻)

▼身の回りにあるもの
・ほん(本)
・どあどあどあ~(ドア)
・き(木)
・はな(花)
・はた(旗)
・くっく(靴)
・ぶぅぶ(車)
・う~う~(飛行機)

▼数字
・に(2)
・よん(4)
・ご(5)
・く(9)

▼色
・ぴんく(ピンク、肌色)
・あお(青)

▼動詞
・あっこ(抱っこ)
・いたねー(見つけた、居た)
・ないねー(隠れる、居ない、食べ終わった器を見て)
・ないないばー(いないいないばぁ)
・ねんね(眠る)
・ばいばい(さようなら、お休み)
・ぱんぱん、ぱちぱち(手を打つ、拍手する)
・はく(靴を履く、服を着る)
・ぴっぴ(手を洗う)
・ぽい(捨てる、ゴミ箱)
・っこちた(落ちた、こけた)

今はこれらの言葉を組み合わせて簡単なコミュニケーション
出来るようになってます。時々宇宙語も織り交ぜられていますが(笑)

こうしてみると、ハ行で始まる言葉を多く習得しているようです。

また、ぱん(パン/パンダ)や、はな(花/鼻)などは
全く同じ発音なのですが、どちらを見てもちゃんと言うので
そういうものだと覚えてしまったんでしょうね(笑)

ちなみにわが家にテレビはなく、情報源はもっぱら絵本や書籍、
周囲の大人の会話を通してになると思います。
キャラクターもののグッズもそんなに多く置いてないので
特定の何かが大好きというわけでもなさそうです。

それから、これら本人が話す言葉以外にも、
周りの大人が話す言葉はある程度理解しているようで、
・お片付けしよう
・お掃除しよう
・お風呂入ろう

などと言えば一緒になって動いてくれるように
なってきたのはものすごい成長を感じてます。

子どもに話しかける時、特に心がけてきたのは、
「目を見てあげること」
「自分の感情はフラットな状態にすること」
をできるだけ意識するようにしていました。

そうしてある時、特に言葉の反応は無かったのですが
こちらの意図がわかって一人で行動するのを見て
「あぁ、ちゃんと伝わってる分かってるんだな」
と感心したのを覚えています。
これからイヤイヤ期がやってくるのかは
まだ分かりませんが、ちゃんと向き合ってあげたいですね。

より多くの言葉が理解できるようになってくると
ぐっとコミュニケーションの幅も広がってきます。
(これはもちろん子供との会話に限った話ではないですが。)
本人も色々な言葉を様々な経験を通じて
覚えていくのが楽しいようで、
そういう純粋な好奇心は大いに伸ばして
あげたいと思っています。

あと親の言っていることは本当に良く聞いているので
子どもの前では変なことを口走らないように
注意しないといけませんね(汗)

新しい時代に入りましたが、どんな時代でも
子ども達の未来は周りの大人たちでしっかりと
守っていかなければならないとより強く感じています。

私たちナチュラル・ハーモニーのミッションには
永続的な農業のありかたや、日本の伝統である
正しい醗酵文化を残していくことも含まれており、
これらを通じ未来の子ども達にとって、
財産、遺産になるような取り組みを引続き行ってまいります。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江 祥

関連記事

よく読まれている記事