【スタッフブログ】自分で作る!「納豆のたれ」② | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5257]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 225
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 225
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】自分で作る!「納豆のたれ」②

2017.11.25

こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの宅配 石川です。

前回に引き続き
納豆のたれについてご紹介したいと思います。

前回の記事はこちら↓
【スタッフブログ】自分で作る!「納豆のたれ」①

今回は基本を押さえつつも、
材料を変えた応用のたれと
納豆にトッピングして美味しいものを紹介してゆきたいと思います。

それではまず納豆のたれです。
基本の3要素は「しょっぱさ」「甘さ」「だし」でした。
今回はどんな材料を使うかご覧ください。

①しょっぱさ

これは前回と同じお醤油です。
納豆のたれを作るときは濃口醤油がやっぱり基本です。
しかし場合によっては白醤油等を使っても面白い味わいになります。

②甘さ

今回はさとうきび蜜を使用します。
自然栽培さとうきび蜜はとてもあっさりした
黒蜜のような味わいです。
さらっとしていておいしいです。

③だし

だしは昆布だしを使います。
納豆のたれには濃いめのだしがいいので、
ちょっと濃いめ(3~4%程度)でとるとおいしくなります。

これらの材料を

○「納豆(50g)」に対し「醤油(小さじ1):さとうきび蜜(小さじ1):だし(小さじ1)」

この割合で混ぜれば完成です。

さとうきび蜜も昆布もすっきりとした上品な味なので、
前回紹介しました濃いめの「これぞたれ!」といった味ではなく、
優しい味わいのたれになります。

またしょっぱさも少しおさえたかったので
醤油は小さじ1としました。

さて、たれの応用も終えたところで、
ここからは「たれ」にとらわれず
ナチュラル・ハーモニーの宅配でも販売している食材で
納豆にトッピングすると美味しいものをご紹介してゆきたいと思います。

まずはこちら!

『塩』です。
いきなりトッピングと言うよりも調味料になってしまいましたが、
納豆の味わいを相乗効果で引き上げるのが「たれ」ならば、
その真逆を行く「納豆の味のみ」を楽しむために
ベストな食材はやはり塩です。
おいしいです。

お次はこちら。

『ねり梅ぼし』です。
たたいた梅ぼしを納豆に和えるのは割と定番かもしれませんが、
ナチュラル・ハーモニーにはもっと使いやすいねり梅ぼしがあります。
ねり梅ぼしをそのまま混ぜてもいいですが、
昆布だしを加えると梅昆布だれになって
これもおいしいです。

つづきましてこちら。

『わかめ』です。
水で戻して軽く絞り、よく刻んで納豆に和えます。
納豆のぐにゅっとした食感と、
こりこりとしたわかめの歯応えが楽しいです。
潮の香りも感じられます。
お醤油をかけても塩をふってもおいしいです。

まだあります。つづいてはこちら。

『オリーブオイル』です。
納豆には、実は油がよく合います。
納豆は匂いがきつくネバネバしていますが、
味わいはさっぱりしています。
そこに油を加えると深いコクが生まれるのです。
そしてオリーブオイルには実は醤油がとてもよく合います。
また、かつお節もよく合うので
最後にふりかけるとだしの要素も加わり
更においしいです。

次はこちら。

『切干大根』です。
水で戻して刻んでから混ぜ込みます。
切干大根自体がだしに使えるほど旨味が強いことと
甘みもかなり強い食材なので、
これだけで基本の2要素をカバーしています。
後は醤油をかけて混ぜるだけでとてもおいしいです。

名残惜しいですが最後になります。
こちらです。

『ぽん酢しょうゆ』です。
実はこれ、他のスタッフに勧められ
今回初めて試してみました。
納豆にかけて食べてみると爽やかな柚子の香りが感じられます。
ほんのりと甘みもあり、それに加えしっかりとした「だし」の風味もあります。

ナチュラル・ハーモニーの森田醤油「ぽん酢しょうゆ」の原材料を見ると、
おいしいだしがとれる「天然菌の鰹節」と「蔵囲い昆布」も使用されています。
もの凄く贅沢です。

というよりもこれ一本で納豆のたれの3要素がすべてが網羅されています。
「甘さ」の要素となる砂糖も使っているのです。

それにお酢と柚子の爽やかな酸味がプラスされています。
驚きのおいしさでした。
もはやこれを納豆のたれとして販売してもいいのでは…?
と、半ば本気で思ってしまったほどです。
とってもおいしいです。

いかがでしたでしょうか?
これで納豆のたれ編は最終回になります。

今回の記事が皆様の納豆ライフをより充実させる一助となりましたら、
とても嬉しく思います。
まだまだ紹介しきれていない食材も沢山あり、
少しだけ名残惜しくもありますが
これで終了となります。

納豆って、実は色々な食材と合う
とても懐の深い食べ物です。
ぜひ楽しくおいしく、納豆を沢山食べてお過ごしくださいね。

○いますぐ注文したい方はこちら(宅配会員様専用)   
 http://naturalharmony.info/login/

ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート 石川 裕貴

関連記事

よく読まれている記事