【スタッフブログ】自然栽培全国普及会 東北ブロック勉強会2018☆ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5248]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 172
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 172
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】自然栽培全国普及会 東北ブロック勉強会2018☆

2018.10.6

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニー産地担当 瀧澤です。

925日・26日の2日間にわたり
福島県郡山市にて自然栽培全国普及会「東北ブロック勉強会2018」を
開催いたしました。

この場をお借りして
お礼とご報告をさせていただきます。

今回の勉強会は畑作と畜産をテーマに
自然と調和する「農」と「生き方」について
講師や各専門家の実践例を題材として
学びを深めることを目的にしました。

酒勾 徹 東北ブロック長は
自身の自然観を育んでくれた
パーマカルチャーをベースにした
自然栽培と養豚の取り組み
また、単なる栽培にとどまらない自然栽培の
可能性や原理原則と応用についてお伝えしました。

佐藤 喜一 東北副ブロック長は
畑作における自然栽培の実践例や自然と調和した養鶏
これから目指すべき畜産の方向性について
熱い想いを語りました。

朝倉玲子氏と仁井田穏彦氏の活動報告により
自然栽培は生産者だけでなく
流通や消費者も一体となって関わり合い
相互に協力することで成り立つ
三位一体の取り組みであることを再認識しました。

河名副会長からは、自然と調和した世界を
実現していくには一人ひとりの心構えと日々の選択にこそ
関わっていること、そして病気や貧困・争いなど
現代社会の多くの問題も、自然栽培で
土がきれいになる過程で発生する虫・病気と同じように、
根本原因が解消すればいずれ解決していくという
お話をさせていただきました。

また、今回会場を提供してくださった
「おとぎの宿 米屋」さんでは、自然栽培や有機栽培の
素材をふんだんに使った料理や、源泉かけ流しの
やわらかなお湯に癒されました。

参加者同士の積極的な交流も目にすることができ
充実した時間を過ごされていたようです。

運営上至らぬ点も多々あったかと思いますが
無事閉幕できましたことを講師、関係者一同
心より感謝申し上げます。

参加された方よりいただいた声を
一部ご紹介させていただきます。

「これからをどう生きるか、それを問われるような
内容でした」
「自然栽培に取り組む方の想いに心を打たれました」
「生産者の生の声が聞けて良かった」
「仲間がいる!とわかり、とても嬉しく思いました」

この他にもたくさんの有難いお言葉を頂戴しました。
ありがとうございます。
今回、お忙しい中参加してくださった皆さまに
改めて感謝の気持ちをお伝えするとともに、
今後も皆さまの活動や生活にお役に立てるような企画・
運営、情報発信を心がけて参りますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

2
日間、本当にありがとうございました!!

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 瀧澤 憲治

関連記事

よく読まれている記事