【スタッフブログ】秋の定番☆「自然栽培サツマイモ」の収穫 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5254]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 222
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 222
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】秋の定番☆「自然栽培サツマイモ」の収穫

2017.10.14

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 瀧澤です。

いつもは野菜の仕入れを行ったり
畑に足を運んで畑の様子を確認して
農家さんと品質について話し合ったりして、
より良い野菜をお届けできるように調整しています。

今日は自社農園でのサツマイモ収穫の様子を
お伝えしたいと思います♪

ナチュラル・ハーモニーでは
通称「ハーモニー農園」と呼ばれる自社農園を運営しています。

「生きることの本質は、自然界に教わることができる。
農薬や肥料を使用しない自然栽培の作物は、
自然界の法則を、命が育まれていくルールを、
自らの姿をもって教えてくれる」

土づくりと自家採種を通じて命に向き合い、
自然観を深めるためにスタッフ自ら自然栽培を実践しています。

秋野菜の定番
「自然栽培サツマイモ」。

ハーモニー農園のサツマイモは
淡い緑色と小さめの葉には虫食いもほとんどありません♪

サツマイモは水はけの良い土を好み
乾燥にも強い作物ですが、
今年の関東地方は一時期雨が非常に少なく
生育が心配になる時期もありました。

期待と不安を胸に、堀り起こしてみると意外や意外。
想像していたより立派に育ってくれているではないですか!

思わずスタッフ同士顔を見合わせ、笑みがこぼれました。

やっぱり収穫作業は楽しいものです。
自然の恵みに感謝しつつ、サクサク収穫を進めていきます。

現在ハーモニー農園では
5品種のサツマイモを栽培していますが、
土づくりや自家採種によって作物がどのように変化していくか観察しています。


(左からベニアカ、黄金千貫、安納イモ、ベニアズマ、玉豊)

それぞれに個性があって面白いです。

今のところベニアカが収量・色味・形状のバランスがよいですが、
その年の気候に左右される部分もあるので
継続的に栽培し変化を観察していきたいと思います。

収穫したサツマイモの中から、
品種の特性がよく出ているものや、色つやが良いもの、
美味しそうなもの!などを選抜し、
種芋にするため春先まで貯蔵しておきます。

自家採種を続けることによって
作物が徐々にその土地・気候風土に合ってくると言われていますが、
ハーモニー農園で栽培しているサツマイモで年数が一番長い品種は、
8年間種芋を選抜・更新しています。

毎年種を更新し続けることは、それなりに労力も掛かりますが、
変化していく畑の土と作物の姿から
自然界の法則を紐解くヒントを少しでも多く見出していければと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 瀧澤 憲治

関連記事

よく読まれている記事