【スタッフブログ】我が家のぬか床大公開! | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6652]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 282
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 282
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】我が家のぬか床大公開!

2020.05.16

みなさん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当大江です。

自粛生活が続き、家にいる時間が増えた方も多いと思います。

増えた時間の使いかたは色々ですが、
この時間を使って普段なかなかできなかった
手づくり料理をされる方が増えているようです。

私たちの宅配でも小麦粉やベーキングパウダーなど
お菓子やパンづくりに必要な材料などをお求めになる方も多く
品薄状態が続いています。

なかなか思うように出来ない中でも
こうした「手づくりをする喜び」を感じる機会があることは
心身を健全に保つ上で、とても大事だと個人的に感じています。

もちろん私も外出する機会は減ったので
普段中々できなかった家の掃除や片付け、
庭の草取りに精を出しつつ、
このところお世話ができずに冷蔵庫の奥に眠っていた
「ぬか床」の手入れを再開。

案の定、ぬか床の表面は真っ白になっていました(笑)

この表面の白いものはカビではなく「産膜酵母」で
ぬか床内で乳酸菌がよく働いてくれている証拠です。

そのまま混ぜても問題ありませんが、
酸みが強くなる傾向があります。

私は酸みが強すぎるぬか漬けは好みでないので
表面部分をスプーンでさっと取り除いてから
混ぜたりすることが多いです。

またしばらく置いてしまったぬか床の底には
嫌気性の酪酸菌が増えてしまい、
一時的に強烈な臭いを発していることもしばしば……。

ただ、こうなったぬか床は終わりではありません。
再び毎日しっかりと底からかき混ぜてやることで酸素を送り
増えてしまった酪酸菌の繁殖を抑え、ぬか床を再生することができます。

放っておくと拗ねてしまいますが、世話をし出すと機嫌を直し、
愛情をかければかけるだけ美味しさが増してくる。

こうして見ると、ぬか床って不思議な生き物を
育ててる感じがしてきませんか?(笑)

ぬか床を最初つくるまでに半月ほど時間がかかりますが、
生き物を育てると思えばそれなりに時間がかかるもの。

興味を持っていただいた方向けに、
私たちが取り扱っている米ぬかを使った
ぬか床のつくり方をご紹介します。

〇ぬか床のつくり方 ※米ぬかの商品説明より抜粋

①水350ccと塩70gを合わせて火にかけ、塩が溶けたら火を止め冷ます。

②ボウルに米ぬか500g(1袋)を入れ、❶を4回に分けて加えて
 都度よく混ぜ合わせる。

③昆布10cmと赤唐辛子2本を入れ、底の平らな密閉容器などに移す。

④捨て漬け用の野菜をぬか床に入れ表面をならし、容器の周りを
 きれいに拭き取る。

⑤蓋をして常温で2日置き、捨て漬け用の野菜を取り出しぬか床を
 底からよく混ぜる。

⑥❹❺の手順を3~4回繰り返す。

以上です。

この量のぬか床ならキュウリ2、3本は一回に漬けることができます。

ぬか床は手間こそかかるもの(かけるもの)ですが、
つくるために掛かる材料費はとってもリーズナブル。

例えば、ここに書かれている材料のうち、米ぬかと塩だけなら
私たちの宅配でもなんと500円以内で収まります(笑)

その他の材料もそこまで高額なものはありませんし、
買うまでもなく普段使っているものをぬか床に入れていただいてもOKです。

またぬか床は一度つくったら終わりではなく
つくってから何度も繰り返し使うことで育てていくものです。

つまり、たったのワンコインで
育てる喜びとおまけに美味しい自家製ぬか漬けが手に入るんです。

これってまさに一石二鳥(以上?)の醗酵食品ですよね!

それではここで我が家のぬか床ちゃんを大公開!

じゃーん。

ぬか床のお世話は主に私がやってます。

今回はぬか床が減ってきたので、
米ぬかと塩を足す工程をご紹介します。

米ぬかと塩を用意して

えいっとぬか床に投入!

足す量は、いつも適当です(笑)

※今回は米ぬか500g分使っています

よく混ぜた後、

混ぜた手をペロリ。

塩気をしっかり感じれば塩分はOKとします。

野菜を漬けていくとどんどん塩気は抜けていきますので
多いかなと思っても大丈夫です。
(※私は漬けるたびに野菜に塩をまぶしてから入れています)

表面をならして……、

ぬかが付いてしまった側面を布巾できれいにふきあげます。

フタをして、これでOKです。

野菜を漬けた場合、常温なら浅漬けで2時間ほどしたら食べられます。
我が家では冷蔵庫内でじっくりと半日~1日漬けていただきます。

白いご飯と味噌汁、そして旬の野菜のぬか漬け。
これで立派な一汁一菜の完成です。

余談ですが、自然栽培の米ぬかって
きな粉にも似た香ばしくてとても心地よい香りがするんです。
(お買い求めいただいた方はご賛同いただけると思います)

過去に有機栽培の米ぬかを買ってみたことがあるのですが、
よーく嗅いでみると、どうもウ〇チ臭い(笑)

あれは肥料分やその他投入されたもの由来なんだろうな~と感じていましたが、
自然栽培の米ぬかにはそれが全くありません。当然ですよね。

味噌づくりや醤油づくりもそうですが、
美味しい醗酵食品が自分でつくれることが分かってしまうと
ぐっと親近感が湧いてきます。

「前に失敗したからもういいや」

「臭いのやだな~」「面倒だな~」

と思っている方にこそお試しいただきたいと思います。

自然栽培のぬか漬け、ビックリしますよ。

案外簡単で手間暇をかけてあげれば
ちゃんと分かる形で応えてくれます。

手間といっても毎日5分もあれば十分です。
漬けるものがない場合、混ぜるだけなら30秒!?

密なコミュニケーションが取りづらい今だからこそ
菌と親密になれるチャンスではないでしょうか(笑)

世界で一つのMyぬか床、あなたも育ててみませんか?

○いますぐ注文したい方はこちら(宅配会員様専用)
 https://naturalharmony.info/login/

○いますぐ注文したい方はこちら(宅配会員様以外)
 https://www.mai-rice.com/


ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江祥

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TV出演も果たしたおふくろ男子が伝授する

大好評の失敗しないぬか漬け教室も開催中です!

(現在はオンライン講座となっています)

URL:https://naturalharmony.co.jp/nukaduke_class/

関連記事

よく読まれている記事