【スタッフブログ】ぬか漬けの「最初漬け」で作るおかずレシピ | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[6084]
  public 'term_id' => int 27
  public 'name' => string 'きほん情報' (length=15)
  public 'slug' => string 'basic_information' (length=17)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 27
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 73
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '2' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 27
  public 'category_count' => int 73
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string 'きほん情報' (length=15)
  public 'category_nicename' => string 'basic_information' (length=17)
  public 'category_parent' => int 2

きほん情報

主菜醗酵のこと

【スタッフブログ】ぬか漬けの「最初漬け」で作るおかずレシピ

2021.05.14

こんにちは。スタッフのゆいです。
先日参加した、「失敗しない ぬか漬け教室」から2週間ほどが経ちました。

ご参加されたみなさまのぬか床は、どんなふうに育っていますか?
我が家のぬか床は、準備期間が終わり、本漬けをスタートしたところです。

ぬか床の準備期間というのは、一般的に「捨て漬け」といって、
野菜を2~3日ほど長く漬けて乳酸発酵させていき、
それを1~2週間繰り返し、菌を醸して安定させます。

おふくろ男子の教室では、「捨て漬け」を「最初漬け」と呼んでおり、
一般的には捨ててしまう野菜クズではなく、
新鮮な野菜を使用することで、菌も元気に、野菜も無駄なく調理に活用する、
というやり方を教えてくれます。

今日は、この「最初漬け」の野菜を使った料理をご紹介します!

「ぬか漬けと鶏ささみの中華風和え」

-作り方-
⒈最初漬け(漬かり過ぎたぬか漬けでもOK)の野菜を薄切りにする。
⒉沸騰させた鍋に、料理酒とささみをいれ、再沸騰したら火を消して放置する。
⒊大きめのボウルに、豆板醤・ごま油・甘酒を入れて混ぜる。
⒋ぬか漬けと、茹であげて裂いたささみと、細切りにしたネギを加えて和える。

お皿に盛り付けて、トッピングはご自由に。
私が使用した野菜は、大根とカブです!

こ、これは美味しい…!
我こそがおかずだ、と言わんばかりです。

使用した調味料はこちら!

・ウガンダ産自然栽培焙煎ごま油
・自然栽培空まめで作った自家製豆板醤
・自然栽培あまざけ

このごま油は焙煎タイプなので、香りが本当に素晴らしいんです!

今回のレシピでは躊躇せずに、たっぷり使ってあげると、
いい意味でぬかの癖が抜けて美味しくなります。

また、甘味はお砂糖だと溶けにくいので、液体タイプがおすすめです。
この甘酒は、あっさりとした甘さを表現したい時に便利!
玄米タイプも売っていますが、そちらは少し麹感が強いので、
今回は白米タイプをオススメしています。
甘酒でなくても、蜂蜜や米あめでもいいですね。

分量は、みなさんの感性で作ってみてくださいね!
ぬか床を持っている方はぜひ、お試しあれ!

—————

★今後の開催予定
おふくろ男子の「失敗しないぬか漬け教室」
https://naturalharmony.co.jp/nukaduke_class/

関連記事

よく読まれている記事