レシピ「一草粥(いちくさがゆ)」 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6591]
  public 'term_id' => int 59
  public 'name' => string 'ごはんもの・麺類' (length=24)
  public 'slug' => string 'gohan_men' (length=9)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 59
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 56
  public 'count' => int 37
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '3' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 59
  public 'category_count' => int 37
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string 'ごはんもの・麺類' (length=24)
  public 'category_nicename' => string 'gohan_men' (length=9)
  public 'category_parent' => int 56

レシピ

ごはんもの・麺類

レシピ「一草粥(いちくさがゆ)」

2018.01.5

1月7日は七草粥をいただく日。
お正月を経て、お疲れ気味の胃をいたわるお粥ですが、
七草ならずとも「一草」で、美味しくて優しいお粥がつくれます。

「一草粥(いちくさがゆ)」

●材料
・お米  1合
・水   900cc
・野菜1種  適量 ※かぶ、大根、小松菜などの、緑色の冬野菜
・塩   ひとつまみ

●作り方

1.野菜を細かく切る。かぶや大根の場合は、白い本体は火が通りやすくなるようスライスする。
2.お米に水、火が通りやすい葉っぱ以外の野菜、塩ひとつまみを入れ、弱火でコトコト20分ほど煮る。
途中焦げ付かないよう様子を見る。
3.お米が柔らかくなりお粥状になったら、葉っぱを入れて火を止め、10分ほど蒸らす。
4.ざっくりかきまぜる。お好みで、塩や白だしなどで味を調整してください。

あっさりとしたお味のお粥は、味付けを控えめにした方が、
濃い味の年末年始のごちそうの後に、胃に優しく召し上がれます。

二草粥、三草粥など、手に入りやすいお野菜を無理なく、無駄なく使いながら、
お米と野菜そのものの柔らかな甘みをお楽しみください。

image

このコラムを書いた人

井上 智晃

「おふくろ男子」と呼ばれる人気漬物教室の講師。天然菌の醗酵食品を通じ、菌と共に生きている事を得心する。手作りしてどう出来るのかを知るのが大好き。(勿論、食べるのも!)井上菌絶賛散布中!

関連記事

よく読まれている記事