おふくろ男子の訪問記  奈良の「健一自然農園」さんに行ってきました☆ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5231]
  public 'term_id' => int 74
  public 'name' => string 'おふくろ男子(井上智晃)' (length=36)
  public 'slug' => string 'ofukuro_danshi' (length=14)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 74
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 73
  public 'count' => int 2
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '2' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 74
  public 'category_count' => int 2
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string 'おふくろ男子(井上智晃)' (length=36)
  public 'category_nicename' => string 'ofukuro_danshi' (length=14)
  public 'category_parent' => int 73

スタッフコラム

生産者おふくろ男子(井上智晃)

おふくろ男子の訪問記  奈良の「健一自然農園」さんに行ってきました☆

2018.06.1

みなさん、こんにちは! 
ナチュラル・ハーモニーのおふくろ男子こと井上智晃です。
おふくろ男子の訪問記、今回は奈良県にある健一自然農園さんに
行ってまいりました。

珈琲好きの僕ではありますが、お茶も大好きなんです。
家族団らんの象徴とでも言いますか、食後のお茶ってホッとして
美味しくて癒してくれますよね!
最近はナチュラル・ハーモニーで販売している健一自然農園の
自然栽培の春のほうじ茶
がお気に入りで、食後はこのお茶を飲んで
ホッと一息ついてます^^

今回は他にもいろいろ訪問してまして(近日中にお伝えします!)、
この日は車で京都から伺いました。
京都から高速を使い奈良県へ。奈良市街を抜け奈良公園で鹿に癒されつつ
一路待ち合わせの場所へ向かいます。
奈良に行くのは中学校の修学旅行以来のワタクシ、道を知る由もなくカーナビ
任せで進んでいきます。

このカーナビくん、道路状況によって抜け道を教えてくれたりとっても賢い子
なのですが、稀に山道を案内してくれる超「自然派」なカーナビくん。

実は奈良に行く前日に名古屋から京都に向かっていたのですが、その際にも
渋滞情報と共に高速を降りるように指示があって、降りてみたら結構な山道を
走らされるナビしてくれるという事があったのですが、さすがに一般道を進んで
いればそんなことは無いだろうと思い上機嫌で運転しておりました。

だがしかし、なぜか道幅がどんどん狭くなり、カーブが急になっていく。。。
Why?君は何故僕を山道に連れ込むんだい?僕に自然成分が足りない
という事かい??
…などと考えつつ山道を走ること10分、ようやく開けてきたかなと思うと
待ち合わせの針テラス(針インター付近の道の駅です)に到着。

今回、茶摘みツアーを一緒に企画くれている西村さんと合流し、目的の山添村へ。

そこには、午後の日差しの中、美しく輝いているお茶畑がありました…

普段、車がほとんど通らないような山間にその茶畑はあり、
木々のざわめきと、鳥たちのさえずり、やさしく吹き抜ける風…

胸いっぱいに空気を吸い込み、深呼吸をしてみました。

(あ~、この畑で日がな一日ぼ~~~~っと過ごしたい~~)

などと思っていると健一自然農園の伊川健一さんが登場!

一言で申しますと「笑顔が素敵でめっちゃおもろい兄ちゃん」です。

茶摘みツアーの打ち合わせをしつつ、色々お話を伺いましたが、
話しが面白い!

例えば健一さんの後ろの畑、お茶の木が山に沿って縦に植えられてますが、
これは「縦畦」(たてうね)と言いまして、肥料分などが流れていきやすい
植え方なのです。

一般的にお茶は肥料食いと言いまして、大量の化学肥料と
農薬を散布して育成します。
皆さんのお茶畑のイメージだと横畦(よこうね)が多いのではないでしょうか?
そこに肥料分が蓄積され、育ちやすいように横畦にします。
肥料分が多ければ、それに伴って大量の農薬を撒きます。
さっき僕がしたように深呼吸なんかしたらいろいろなものを
吸い込んでしまいそうですよね。

現在流通している多くのものはそうやって育てられた茶葉をお茶にして
販売しているのがほとんどで、お茶本来の味というよりも、肥料の味を
味わっているようなものだという話もあるくらいです。

色々な考え方や味の好みもあるので一概には言えませんが、
健一さんのお茶、特に自然栽培歴の長くなったお茶ほどスッキリとし、
このお茶なしでは生きられないほどにくせになります(笑)

と、まぁ色々お伝えしてますが、百聞は一見にしかずとはまさにこのことか!
と思わせてくれるくらいお茶の葉が感動的に美しい!

輝いています!
自然栽培の畑の中は本当に心地よいのです。

健一さんは、この茶葉を農薬も肥料も使わずに育てています。

摘み取った茶葉は袋に入れて日光を遮断しつつ運び、製茶します。

蒸気で蒸した後冷まし、粗揉み、中揉み、仕上げ揉みを行いつつ
茶葉の水分を調整しつつ葉の形を整えます。

揉みあげた茶を更に念入りに乾燥させ、ちょうどいい所まで乾燥させ、
常温にて保管すると、時間と共にまろやかになります。

昔ながらの伝統的な製法でじっくり手間ひまかけることで、お茶のもつ
旨みを最大限に引き出しています。

日々何気なく飲んでいるお茶、知れば知るほど好奇心を刺激されて
しまいます(笑)

実際畑に足を運んで感じられることの10000分の1くらいの
拙い文章ですが、僕の感動の一端でも味わっていただけたら幸いです。

「幻の紅ほまれ」と呼ばれる和紅茶の木も見学できますので
もし、ご興味を持って是非行きたいという方はご一緒しましょう^^
↓↓↓ ツアーの詳細ページはこちら ↓↓↓

本物のお茶を作る・知る・楽しむ☆奈良県・健一自然農園ツアー
https://naturalharmony.co.jp/kenichishizennouen_tours_2018/

★健一自然農園のお茶

自然栽培 番茶
http://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000024/
自然栽培 煎茶
http://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000017/
自然栽培 和紅茶
http://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000030/
自然栽培 烏龍茶
http://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000019/
image

このコラムを書いた人

井上 智晃(おふくろ男子)

「おふくろ男子」と呼ばれる人気漬物教室の講師。天然菌の醗酵食品を通じ、菌と共に生きている事を得心する。手作りしてどう出来るのかを知るのが大好き。(勿論、食べるのも!)井上菌絶賛散布中!

関連記事

よく読まれている記事