「私たちの自然栽培米」 | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[5941]
  public 'term_id' => int 70
  public 'name' => string '自然栽培のこと' (length=21)
  public 'slug' => string 'shizensaibai' (length=12)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 70
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 27
  public 'count' => int 19
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '1' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 70
  public 'category_count' => int 19
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '自然栽培のこと' (length=21)
  public 'category_nicename' => string 'shizensaibai' (length=12)
  public 'category_parent' => int 27

きほん情報

自然栽培自然栽培のこと醗酵のこと醗酵食暮らしのこと

「私たちの自然栽培米」

2022.07.26

「私たちの自然栽培米」

永続的に取り組める農業であるため、そしていつでも美味しく召し上がっていただくために
生産と消費の間に立ち、できることを重ねていきます。

【私たちのお届けするお米のつの特徴】

.すべて自然栽培
私たちが取り扱うお米はす
べて、肥料・農薬不使用の自然栽培米です。日本人が一生を通して一番食べ続ける食材のお米。毎日安心して気持ちよく食事をしていただくために、自然栽培米を取り揃えています。

.取り組む年数
土に向き合う時間を大切に、年数の区切りを一つの軸にしています。継続した自然栽培の取り組みは、安定した収穫と、土と種の浄化に繫がります。ササニシキとコシヒカリで、2 つの年数アイテムを揃えています。

.ササニシキ
古来より日本人はササニシキのようなウルチ米系のお米を食べていたといわれています。アミロペクチン(粘り成分)が少なく、胃への負担が少ない。どんな食事とも相性のよいササニシキを多く取り扱っています。

.自家採種
自然栽培かつ自家採種(農作物から種を採ること)に取り組むことで、種に含まれる肥料成分が抜け、種が本来持つ力を発揮できるようになります。扱うお米のほとんど(栽培歴 1 年目を除く)が自家採種です。


お届けするお米にはmai(マイ)と表記しています。mai は、お米の「まい」という音読みを表現しています。3つの赤い丸は米俵、そして「太陽と水と土」「つくり手・食べ手・つなぎ手」を意味しています。



【よりお客様に美味しく召し上がっていただくためつのこだわり】

.お米の保管
種子でもあるお米は、収穫後も呼吸を続けています。保管の温度や湿度の条件により、お米の呼吸が活発になり鮮度が落ちることがあります。そのため、産地から届いた玄米はパックするまでの間、温度 12~ 15℃ ・湿度 55~ 70%を維持した低温倉庫でいったん保管します。保管中おいて、一般的に行われる殺虫・消毒といった処理を行わないため、全ての行程で温度管理を徹底しています。

.放射性物質の検査
玄米の状態で Cs134 と Cs137 をそれぞれ測定します。米は主食であることから、青果に比べて基準値の上限を厳しく設定します。「瑞穂のしらべ」「かかしの夢」「おてんと米」など生産者が指定できないアイテムについては、基準値を「3Bq/kg」、お客様が選んで購入できる単一商品(◯◯さんのお米)については検出値を公表した上で「5Bq/kg 未満」のものを販売いたします。

.栽培の管理
お届けする自然栽培のお米は、栽培期間中はもちろん育苗に使用する土にも一切の肥料や農薬を使いません。土から肥料や農薬が抜け、土が本来持っている力が引き出されるまでには年月を要するため、生産者に同じ田んぼで取り組んでもらうことも大切にしています。専任者による全生産者の栽培管理も行っています。作業内容の他に、新しい試みや気付いた点なども共有しています。

自然栽培の稲作は栽培における課題がまだ多く、生産者の経験は貴重な財産です。農作業の合間を縫って集まり、定期的に勉強会を開催しています。情報を共有し、栽培技術の向上にも利用します。

.自社精米
ナチュラル・ハーモニーでは、専門スタッフによる精米と品質管理を行っています。保管から出荷までの温度管理を徹底し、精米後は速やかにパックして出荷。精米ラインの入念な清掃も日々心がけ、翌日の作業に備えます。

【精米の流れ】

自社精米を行うことで、お米の状態がよくわかり、生産者にフィードバックすることができます。生産と消費をつなぐ役目として、できる限りのことを重ねます。

1.石抜き
網の上にお米を落とし、揺すって種籾に混ざった石等の異物を取り除きます。玄米でも販売するため、重要な工程です。

2.精米・小米選別(玄米以外)
お米に熱がかかって劣化しないよう注意しながら精米します。精米後、精米時に割れたお米などを除いていきます。

3.色彩選別
カメラで良米・不良米の識別を行います。カメムシによる被害粒や着色粒、草の種などの異物も選別し取り除きます。

4.計量パック
それぞれの重量に計量されたお米をパックし、商品が完成します。お届けするまで適切な温度で保管し出荷を待ちます。

————————————————-


併せて読みたい!自然栽培米関連記事

「自然栽培でお米を育てる理由」前編
https://naturalharmony.co.jp/okome01/

「自然栽培でお米を育てる理由」中編
https://naturalharmony.co.jp/okome02/

「自然栽培でお米を育てる理由」後編
https://naturalharmony.co.jp/okome03/

「お米と品種の関係」
https://naturalharmony.co.jp/okome04/

————————————————-

〈購入できる場所〉

■ナチュラル・ハーモニー ONLINE STORE
https://naturalharmony.store/

■ナチュラル&ハーモニック プランツ(直営店舗)
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25 ノースポートモール B2F
営業時間 11:00~20:00(年中無休、年始除く)
https://naturalharmony.co.jp/plants/



関連記事

よく読まれている記事