【電磁波対策でQOLを高めよう】パソコンをアースしよう! | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[5973]
  public 'term_id' => int 29
  public 'name' => string '暮らしのこと' (length=18)
  public 'slug' => string 'lifestyle' (length=9)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 29
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 27
  public 'count' => int 39
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '3' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 29
  public 'category_count' => int 39
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '暮らしのこと' (length=18)
  public 'category_nicename' => string 'lifestyle' (length=9)
  public 'category_parent' => int 27

きほん情報

オンラインセミナー未分類暮らしのこと雑貨

【電磁波対策でQOLを高めよう】パソコンをアースしよう!

2021.11.5

はじめに
私達について
私達は微弱な電気で動いている精密な生き物です。地球に存在する電気の恩恵を受け、生かされています。それに対し、人工的な電気は心と体を大きく乱します。生活に溢れた家電や建物による過剰な電気をコントロールすることは、心身を整わせ、QOLの向上にとても役立ちます。

電磁波について
このブログで取り上げる電磁波は、「コンセントに挿すことで発生する、電場と磁場の波」のことです。注意すべきものは家電や建物の屋内配線。発生源である電気の使用を控えることも対策の一手になります。日本の現状は、家電の数、アース接続の有無、敷地面積、住宅など様々な要素が絡み合って、諸外国よりも多くの電磁波に触れながら暮らしています。

アースについて
アースとは「接地」のことです。大地に放電するという自然界の仕組みを利用しているため、安全かつ確実に放電ができます。本来アースする理由は感電・漏電・故障を防ぐなど、家電や設備の安全や正確な作動のためにありますが、私達はそれに加え、心と体の不調の原因を取り除く目的でアースの接続を推奨しています。

電気は安全第一
電気に関するものは、使い方を誤ると事故や故障に繋がります。電磁波対策も同様。仕組みを理解し、最善かつ安全な方法を選んで対策しましょう。

パソコンは人への影響が大きい
パソコンはビジネス、そして学びをする上での基本ツールです。今は手軽に使えるノートパソコンが多く普及されていますね。パソコンは指に触れて使うため、その間ずっと電磁波(主に電場)の影響を受け続けています。電磁波の電場は「伝わる」という性質があります。水分やミネラルを備えた体はあっという間に電場が包み込まれてしまいます。この状態は目には見えませんが、「帯電している」という状態になります。過剰に帯電し続ける体は徐々に生体のリズムを乱し、様々な不調を引き起こしていきます。頭痛、首・肩・眼のコリ、乾燥肌、痒み、イライラ、冷え…など、何をやっても一向に改善されない不調に見舞われていませんか?

ノートパソコンはバッテリーで使えます。バッテリー使用は基本的には電磁波は発生しません。ただし、習慣的に充電ケーブルをコンセントに挿して使う方がとても多くいらっしゃいます。またモニター、サーバーのほとんどにアース線が付属していますが、接続していないケースが実に多いです。いずれにしても、パソコンのアースがとれていない状態で使用することが、一般的といえる状況です。
*社)日本電磁波協会が定めるガイドライン 
・電場25V/m以下
・磁場2.5mG以下

アース接続のない電源に繋がったパソコンは基準値を大幅に上回る電場を発生している。

アースで電磁波(電場)をなくそう
まず、アースの意味が全然浸透していない、アース線を見ても何だかわからない。誰も教えてくれず、学ぶ機会もない。とても大事なのに、人生からすっぽり抜け落ちていることが問題だと思うこのごろです。アースのことをもっともっと早く知りたかった…と声を大にして言いたいです。

気を取り直して、自宅や職場に「アース付コンセントがない!アースが接続できない!」という想定で、対策方法をご紹介します。(建物にアースコンセントがあり、パソコンにもアース線がある場合は、迷わず直ぐ繋げてください)

レジナ社のプラグインアースを使うと、一般的なコンセント(2ピン)からアースが取れます。
※プラグインアースは、アースが取れない2Pコンセントからアースが取れるように開発された商品。コールドラインから屋外の電柱のアース線から大地へ放電されます。

アースコンセントの代わりにプラグインアースにアース線を接続したノートパソコン。

アース線の付属がない場合、パソコン本体にUSB接続ができてアースが取れます。

プラグインアースとUSBケーブルで接続したノートパソコン。

きちんとアースされたパソコンに触れると、すっきり、快適に感じることと思います。仕事が捗る!? なんてことも感じられるかもしれません。

アースはパソコンも守る
パソコン内で発生した静電気や、人に帯びた静電気もアースしてくれるため、機器のトラブル防止にも役立ちます。立ち上がらない、フリーズなどは、パソコン自体の帯電が原因ということもあるのです。乾燥する冬期は、衣服で発生した静電気がパソコンにダメージを与えかねないので特に注意してください。

デスク周辺もスッキリ
デスクの上にはプリンター、デスクライト、スマートフォンの充電、電源タップなど、様々な電化製品が乗っています。パソコンを制しても、まだまだ電磁波の強い環境が残っています。通電しているものを机の上に置かない、未使用時はコンセントを抜くことで、次なる対策をします。
ただし、アースしたパソコンに周辺機器をケーブル接続すると、実は一緒にアースされるのです。この仕組みが理解できると、更にすっきりしたデスク環境を作ることができます。

・プリンター&ノート アース前

アース接続していないプリンターは基準値を大幅に上回っている

・アース後の写真(プリンター接続中)

付属のアース線にプラグインアースを接続したノートパソコン( プリンターはUSB接続)。

プラグインアースでアースをした状態のノートパソコンに接続したプリンター

電磁波対策は原点回帰の取り組みです。末永く、日々の健やかな生活にお役立ていただけると嬉しいです。

投稿:一般社団法人 日本電磁波協会 1級電磁波測定士/英国IFAアロマセラピスト 沼尾里江子
———————————————————————————————————————-
↓↓↓セミナーやプラグインアースの購入はコチラから↓↓↓

■沼尾里江子さんが講師を務める「アーシングセミナー」を定期的に開催しております。
次回は2月上旬頃に応用編を開催します!

https://naturalharmony.co.jp/earthingseminar/

 

■プラグインアースは要説明商品になりますので、セミナー受講後の購入をおススメしております。

プランツネット
セミナー受講のお客様にアーシンググッズを期間限定でご案内しております。

https://www.nh-plants.net/

mai
プラグインアース・検電器の販売を行っております。

http://www.mai-rice.com/

※いずれのページも会員登録後に購入可能になります。(プランツネットは期間限定)

プラグインアース・アーシングセミナーに関するお問い合わせはコチラから

ナチュラル・ハーモニー スクール事務局 担当:井上
school@naturalharmony.co.jp
TEL:050-5213-1941
(営業時間:10:00~17:00/土・日曜定休)

関連記事

よく読まれている記事