2021年 新年のご挨拶 | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[6137]
  public 'term_id' => int 34
  public 'name' => string '代表のつぶやき' (length=21)
  public 'slug' => string 'kawanastweet' (length=12)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 34
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 73
  public 'count' => int 34
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '1' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 34
  public 'category_count' => int 34
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '代表のつぶやき' (length=21)
  public 'category_nicename' => string 'kawanastweet' (length=12)
  public 'category_parent' => int 73

スタッフコラム

代表のつぶやき

2021年 新年のご挨拶

2021.01.1

新年 あけましておめでとうございます。

昨年は、ナチュラル・ハーモニーが推し進めてきた自然栽培農産物や加工食品および天然菌による発酵食品をはじめ、自然と調和したライフスタイル「ハーモニックライフスタイル」をご支持いただき、生産者や作り手を、そしてわたしたちナチュラル・ハーモニーを心身ともに支えていただき、誠にありがとうございました。

皆さまには銀座店の閉店などでご心配をおかけしましたが、皆さまのお力添えでまた新たな年を迎えることができ、そしてナチュラル・ハーモニーのミッションが遂行できますことをあらためて御礼申しあげます。

「ありがとうございます」

 

2020年は世界中で新型コロナウイルスによるパンデミックが発生し、予定していた東京オリンピックもまさかの延期に加え、ロックダウンや緊急事態宣言などなど、経済もそして人の動きも制約され、まさに誰もが想像もできない事態に覆われた一年だったと思います。

私はナチュラル・ハーモニーを創業して以来、自然栽培という栽培法から薬剤なくとも元気に育つ農産物の姿を通じ、私たち人間も同じ地球に生きる生命体として彼らのように薬剤に頼らずに元気に生きていける筈だとその可能性を追求し、チャレンジしてきました。その甲斐あってか私自身、自然栽培から学んだ自然と調和した生き方・暮らし方(ハーモニックライフスタイル)を実践して、薬剤不要の元気な人生45年目に突入します。言い換えれば、細菌やウイルスと共存してきた歴史とも言えるかもしれませんね。

昨年はウィズコロナという言葉もよく耳にしましたが、未だに先が見えないコロナウイルスと今後どう向き合っていけばいいのか!私はそのヒントが自然栽培の世界観にあるように思えてならないのです。

生産者さんは自然栽培を実施するにあたり、まずその原理・原則を学ばれます。

農産物が虫やウイルスや細菌に侵される原因が「たまたま」ではなく、田畑の不調和にその原因があった事を知り、そしてその不調和を作ってしまった原因が良かれと思って投入してきた肥料だったこと、さらには「不調和の場」を「調和の場」に戻すにために虫やウイルスや細菌が存在していたことに気づくのです。まさにアグリカルチャーショック。

もちろんほとんどの生産者はその声に耳を傾けません。当然ですよね。常識的ではないからです。
しかし一方でその価値観に可能性を直感し、心動かされた数少ない方々が実際に自然栽培に取り組まれているわけです。それって凄い決断ですよね。

そして田畑に向き合い、自然の声に耳を傾けます。そして生産者さんは田畑に残っている肥料分が抜ければ抜けるほど虫やウイルスや細菌の被害が消えていく事を体感し、いつしか虫やウイルスや細菌に対して敵対視していたそれまでのスタンスから、田畑を調和の場に戻すことに全集中。まさに彼らと共存するスタンスにその価値観がシフトしていくのです。

要は「闘いの世界観」から「共存する世界観」へと価値観が変わるということ。

人間の都合で虫やウイルスや細菌に悪のレッテルを貼り、殺虫、殺菌し続けるのが「闘いの世界観」です。そこから、自然界にはそもそも善とか悪などの区分などなく、それぞれにそれぞれの役割がある事を受け入れられるようになります。自然界の恒常性とそのうえで成り立つ生命の仕組みを田畑に反映させ、ついには彼らと「共存する世界観」に意識が変わり、今流で言えば、サスティナブルで永続的な農業に向かっているのです。

2021年、今年はどんな年になるのでしょうか。
恐怖と不安と共に生きていくのでしょうか。

コロナウイルスによって世の中は大きく様変わりしようとしています。「自然栽培法は農業分野だけの話ではない!」これは私の口癖ですが、私は今回の出来事を「たまたま」と思ってはならない。そして単なる不幸な出来事として済ませてはいけないことだと思っています。こんな時だからこそ、来たるべき輝かしい未来に向かって、その意味と理由を皆が考え、模索する機会になってほしいなーと思っています。

今年も皆さんと自然栽培という世界観を共有したいと心から願っています。
本当の意味でのウィズコロナという価値観を・・・

ナチュラル・ハーモニーは2021年も自然の摂理に逆らわない、人にとって、地球にとって心地よい商品をみなさまにお届けできるようにスタッフ一同取り組んでまいります。

どうぞ2021年も変わらぬサポートをよろしくお願いいたします。

 

株式会社 ナチュラル・ハーモニー
代表取締役  河名秀郎

image

このコラムを書いた人

河名 秀郎(ナチュラル・ハーモニー代表)

1958 年東京生まれ。大学卒業後、会社員を経て農家で1 年間の研修を受ける。その後ナチュラル・ハーモニーを設立し、自然栽培の青果販売を始める。スーパーやレストランなどへの卸売業・自然食品店・自然食レストランを手がける。生産者および消費者に向けて各種セミナーを主催。自然の摂理から学ぶ生き方・暮らし方の普及に力を注ぐ。

関連記事

よく読まれている記事