【スタッフブログ】手づくりのお菓子 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6640]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 289
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 289
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】手づくりのお菓子

2019.11.2

みなさん、こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの馬場です。

11月に入り、これからの時期は友達や親戚で
集まる機会が多くなっていきます。

そんな場にあると嬉しい「お菓子」。洋菓子や
和菓子だけでなく、アジアのスイーツも人気ですよね。

私は小さい頃によくクッキーなどの洋菓子を
つくっていましたが、最近のマイブームは「おはぎ」。

季節によって、「ぼたもち」「夜船(よふね)」
「北窓(きたまど)」と呼び名が変わる風流な和菓子です。
ここでは可愛らしさも込めて「おはぎ」と呼ばせてもらいます(笑)。

おはぎはお米とあんこがあればつくることができる
シンプルなお菓子です。私はより簡単に手軽につくるために、
もち米ではなくうるち米に「古代米-あさむらさき-」や
「古代の香り」といったもち米を混ぜて炊き少し潰した
状態にしてから、「つぶあん」を包んでつくるのが常です。

おはぎの材料としてなくてはならないのが、あんこです。
一般的には小豆を炊いたものを使いますが、小豆は
北海道以外の栽培が難しく、自然栽培では特に収量も少ない
ことから希少なものになっています。また手間が大変かかる
作物で、積極的に栽培しようという方が少ないのかもしれません。

私はつぶあんが手に入る時は便利なので小豆餡にしますが、
夏には枝豆を使ったずんだ餡、これからの季節はさつまいも餡など、
旬の野菜を餡にして季節を感じるようにしています。

ここ数年、可愛くデザインにとんだ和菓子を見かけることが
多くなりました。おはぎもケーキのようにナッツをトッピングしたり、
ちらっとお米が見えるように餡を盛ったりと、食感や見た目を
楽しめるものがあります。

その時の旬なものを加えて季節を味わうのが和菓子の醍醐味。

一年中同じ味も良いものですが、今しか手に入らないものを
使って旬を味わってみてはいかがでしょう。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート 馬場 智子

関連記事

よく読まれている記事