【スタッフブログ】新たな時代の子どもたち | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[5985]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 328
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 328
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】新たな時代の子どもたち

2020.04.25

みなさん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当大江です。

のっけから私事で恐縮ですが……、
娘が今月3歳を迎えることができました!

先日生まれたばかりだと思っていましたが、
もう3年も経ったのかとしみじみ。

1歳、2歳になった時の成長スピードにも驚かされましたが、
最近ではおしゃべりがさらに上達し、周りの大人もドキッとするような
発言もするようになってきました。

以下のやり取りは、ある日のおままごとの光景です。

娘「あいすくりーん、あいすくりーん、おいしいあいすはいりませんかー?」

私「こんにちは、アイスくださいな」

娘「いらっしゃいませー、なににしますかー?」

私「じゃあイチゴのアイスくださーい」

娘「かしこまりましたー、しょうしょうおまちくださいねー」

 「あ、ぽいんとかーどはおもちですかー?」

 (!?)

私「ポ、ポイントカードありました、お願いします^^」

娘「はーい、ぴっ(カードを機械にあてるマネ)」

 「それじゃぁ……」

 「おかねくださーーい!」(と手を出してくる)

いやぁ、これには思わず妻と一緒に大笑い。

一連の流れは、買いものの様子を見ていて覚えたのだろうと思います。
ポイントカードの部分については、かなりの観察力だと感心。

続いてはこんな場面です。

電池で音が鳴る(ジュージュー、カチカチ等)キッチンがあるのですが
ちょうど電池が切れてしまったらしく

娘「あれ~?カチカチおとがならないね~」

私「どうしたのかな?壊れちゃったのかな?」

すると、おもむろに携帯電話(※)を取り出し
(※使用しなくなったものをおもちゃとして渡してます)

娘「もしもしー、あのー、きっちんのおとがしなくなっちゃったんですよねー」

 「なおせますかー?」

 (!??)

なんと、どこかに電話して修理の依頼をしているではありませんか(笑)
私も妻も特別に教えたことは無かったのですが、一体どこで覚えたのか。
3歳児おそるべし。

また、昨年娘のいとこにあたる甥っ子が生まれて、
時々会いにいくのですが、まだ赤ん坊のその姿を見て
自分はもう赤ちゃんではないのだと自覚した様で、

娘「〇〇ちゃんはもうおねえさんだからね」

 「あかちゃんによしよしするんだからね」

などと、ことあるごとに口にするようになってきました。

近頃はまた一段と「やりたがり」になっているようで
興味のあることには「自分はおねえさんだから」と
積極的に取り組んでくれるようになってきています。

(反対にやりたくないときは「自分は赤ちゃん」だと主張する場面も笑)

この気持ちを上手にくすぐってあげると、
お手伝いや片付けなんかも(機嫌のよいときは)やってくれるので
随分成長したなぁ、と喜んでいます。

子どもの成長を間近で見守る立場として最近思っているのは、

「自信をもって、強くしなやかに生き抜いていく力」

を育んでいくのが大事なのではないかということです。

現在進行形で起きている、これまで出逢ったことのない
事態に直面している中で、子どもはおろか大人でさえも、
どうしたらよいのか分からなくなってしまっている方が多いと思います。

そんな中、私たちの傍には自然栽培や醗酵の世界があります。

自然栽培の農産物は肥料や農薬にも頼らず育つ
逞しさやしなやかさがあります。

醗酵の世界には善悪という概念がなく、
どの菌も自分自身の役割を一生懸命果たそうと必死に生きています。

こうした世界を身近に感じながら生活をしていると、
絶対とは言い切れませんが、「何かあってもなんとかなりそう」
と不思議と安心感が芽生えてきます。

この安心感と共に、是非これからの新時代を生きて欲しいと思います。

折しも、まだ娘は世の混乱をよそに、今日も心から楽しんで遊んでいます。
そんな姿に日々の疲れを癒してもらい、明日への鋭気を養っています。

一体これからどんな未来が待ち受けているのか?
不安と希望を両方持ちながら子の成長を見守り、
育んでいきたいと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江 祥

関連記事

よく読まれている記事