【スタッフブログ】最初に読みたい料理本、見つかりました | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5909]
  public 'term_id' => int 13
  public 'name' => string '商品情報' (length=12)
  public 'slug' => string 'product_information' (length=19)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 13
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 145
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '6' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 13
  public 'category_count' => int 145
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '商品情報' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'product_information' (length=19)
  public 'category_parent' => int 2

商品情報

雑貨宅配より

【スタッフブログ】最初に読みたい料理本、見つかりました

2020.07.11

みなさん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当大江です。

本日は、全ての宅配会員さんに
是非読んでいただきたい書籍のご紹介です。


タイトルは、
「最初に読む料理本」(時雨出版) 監修・料理 古谷暢康

です。

深い青一色の素敵な装丁

”料理本”とあるので最初はレシピ本かな?と思いました。
確かにレシピも載っていますが、
冒頭にある本書の使いかたにはこうありました。

  本書は、「このとおりに作りなさい」というレシピ本ではなく、
  自分自身の感覚で、自由に料理が作れるようになることを目的としている

何ということでしょうか。
冒頭から「レシピ本ではない」とバッサリ断言されてしまいました(驚)


  「自分自身の感覚で」
  「自由に料理が作れるようになること」

これが本書の目的だと述べられています。
私はよい意味で裏切られた気持ちになりました……。

著者がもっとも美味しいと思うレシピを伝えるだけの本ではなく、
「最初に読む」とあるようにレシピを参考にする以前の
料理への向き合いかた、心構えを説いているものだと私は捉えました。


本書では料理をする上で、最も大事な『素材』
この素材への向き合いかた、選びかたについて随所で語られています。

「料理は苦手だ」「料理がヘタだ」と言う人がいる。 
もし、料理に自信がないのなら、
それは、いい素材を選んでいないだけのこと。

***

素材が手に入ったら、生で食べられるものは味つけせずに、ひとくち食べてみる。
「おいしい」と感じられたら、いい素材に出合えたということ。

***

料理の方法は、素材が導いてくれる。

***

調味料は本物を使う。
どんなにいい素材でも、調味料次第で台無しになることも。
安い調味料にはそれなりの理由がある。
毎日使うことを考えれば、ある程度いいものを選ぶこと。

さらっとすごいことが書かれています。

素材に真摯に向き合い、素材の声を聴きながら
料理をされてきたかたの重みのある言葉です。

宅配会員の皆さまにはあえて申し上げることではないのですが、
素材を選ぶことは、そのまま料理の出来映えにリンクしていきます。
このことは全会一致で同意いただけることでしょう。


自然栽培の野菜や天然醗酵調味料たちには、
皆さまの食卓に、彩りと驚きをもたらす力が備わっています。

そして、その素材の持つ力だけではなく
その素材を使って、

「おいしく食べたい」
「おいしく食べてもらいたい」

という想いが素材の力をさらに引き出せるのだと考えています。


素材自体がおいしいものであれば、
料理をしてもやはりおいしいハズです。

料理をするぞ!と肩ひじ張らずに
泥を落とした野菜を皮のままかじってみる。

焼いただけ、蒸しただけの野菜に
軽く塩をふって食べてみる。

それだけでも十分なご馳走になります。

自然栽培の野菜を召し上がったことのあるかたなら
ご自身の体感で分かっていただけるはずです。

こうした日々の体験・実践の積み重ねが、豊かな食卓、
豊かな人生をつくっていくのではないでしょうか。


また本書では、通常のレシピ本にはない特徴として
素材や調味料の分量が書いてありません。

この理由は、冒頭にもあった「自分の感覚」を育むためです。
ただ書いてある通り、常識にとらわれず
自分の感覚、つまり五感をフルに使った料理を
してほしいという著者の願いが込められていると感じました。


本の最後に書かれた短い文章ですが、
非常にメッセージ性に富み、おそらくこの本を通じて
伝えたかったであろうことが込められていたので
引用させていただきます。

一汁一菜

日本には、かつて「一汁一菜」という食文化があった。
主食、汁物、惣菜だけの膳。

簡素だが、大量に食べる必要がなかったのは、
本来の土の力と命が、膳の上に凝縮されていたからに違いない。

もとをたどれば、すべての食は土から生まれる。
清浄であれば、野菜も肉も同等のはずだ。

命ある食材で、料理を作ろう。

難しいことはない。
簡単なものから作りはじめればいい。
食べたいものを作ればいい。

料理をすることは、生きることだ。

 

「料理をすることは、生きること」

痺れました。

普段料理をあまりしない私ですが、衝撃を受けました。

常日頃から台所に立つ主婦(主夫)の皆さまには
必ず伝わるものがあるものと思います。

興味を持たれた方は、是非お手に取ってご覧ください。

レシピを参考にしていただくのは勿論ですが、
古谷氏の長年の経験や実践から紡がれる言葉に
目からウロコがポロポロと落ちること間違いありません。

 

○いますぐ注文したい方はこちら(宅配会員様専用)  
 https://naturalharmony.info/login/

○いますぐ注文したい方はこちら(宅配会員様以外)
 Webショップ mai
 https://www.mai-rice.com/

 プランツネット
 https://www.nh-plants.net/

○お店で手に取りたい方はこちら
 ナチュラル&ハーモニック プランツ(横浜)
 https://naturalharmony.co.jp/plants/

ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江 祥

================

■古谷暢康(ふるやのぶやす)氏について
神奈川県生まれ。10代より渡欧し、ミュージシャンとして活動後、丹沢の山にて猟と食に携わる。

■時雨出版について
https://www.shigurebooks.com/
一般書店で販売せずに、直接本を届けている小さな出版社です。毎年、書店に並ぶ雑誌や本の30~40%が断裁される現実を少しでも変えたいという思いから、読み手に直接届く、通販を中心に書籍販売を行っています。時雨(しぐれ)には、「ほどよいときに降る雨」という意味があり、草木の生長を助けるように、雨が土にゆっくりと浸み込み命を躍動させるように読む人の心が動く本づくりを目指しています。

■カバーについて
リサイクルの工程に配慮し、カバーにPP(ポリプロピレン)加工をせずニス加工をしています。海洋汚染で問題になっているマイクロプラスチックの一つがPP です。ニス加工はPP 加工ほどの強度はなく、使用するうちに表紙が擦れて白くなります。紙の風合いと経年による味わいをお楽しみください。

関連記事

よく読まれている記事