【スタッフブログ】CRED「自ら決めて動く」 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5248]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 222
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 222
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】CRED「自ら決めて動く」

2019.01.30

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 朝倉です。

このコーナーでは、私たちナチュラル・ハーモニーの
信条「CRED(クレド)」と、共感できた出来事を紹介していきます。

☆CRED(クレド)とは?
ザ・リッツ・カールトンホテルなどで
取り入れられているCRED。
いわば会社の信条や心がけることを表しています。
ナチュラル・ハーモニーでは自然栽培の考えを基にして
わかりやすくCREDにまとめています。

今回ご紹介するCREDはこちらです。

CRED『自ら決めて動く』 

『わたしたちは、身の周りで起きることはすべてが
必然であり自分の想いや行動が創り出した結果だと
知っています。まず、起きた出来事をしっかり受け止め、
その結果に甘んじることなく原因を見つめ直し、
自ら決断し行動することで現状を変えていきます。』

今年32歳になる息子のことです。
幼い頃から音楽に興味を持ち、手にするものを楽器に
見立てて遊んで過ごすことが多い子でした。中学生になると
ギターを弾き始めて、友人達とバンドを結成して
地元の老人ホームで演奏を披露していました。
本格的に取組み始めたのは、独学でギターを始めて
4年目の高校進学の時。ジャズバンド部に入ったことが
きっかけとなり「音楽の道に進みたい」「音大に行きたい」
「プロになりたい」と言っていました。

親としては、進学校に入ったのだから普通の大学を目指し
堅実に卒業・就職して、趣味でギターをやり仲間と
ライブハウスでみんなを楽しませることも出来るのだから……」と
何度も言い聞かせたのでしたが息子の気持ちは固く、
自分のことは自分で決めるからと聞く耳を持ちませんでした。

しかし音大卒業後、自分が目指す音楽で生きていく場所が
なかなか見つからず2年ほど模索した結果、音楽の道ではなく
「お笑い芸人」の道へ進んでいました。すでにプロダクションも
決まっていたので、ただ息子を見守ることしかできませんでした。

数ヵ月後テレビ画面に映ったのは、相方とギターを弾きながら
ボケて漫才をしている息子の姿でした。今まで耳にしたことのない
滑舌で面白く楽しそうに大勢の観客の前で披露していました。
私はその姿に嬉しくもあり内心ハラハラドキドキで、まともに画面を
見ることができませんでした。厳しい世界に入って続けていくことが
出来るのか不安で仕方がなかったのですが、案の上、人間関係に
悩みこころが折れてしまい体調を崩してしまいました。

今思えばこの時経験したことは、息子にとって人として成長させてくれた
貴重な経験だったに違いありません。今は、新しく結成したバンドで
ギターを弾く傍ら、作詞や作曲も手掛けるようになり他のバンドからも
依頼があるようです。

先日、そのバンドのファンの方から私宛に50色入りの色鉛筆が届きました。
息子が「俺のお母さん」と題してSNSにアップしたことがきっかけでした。
いただいた色鉛筆の箱の裏には、ファンの方からのメッセージが
書かれていました。「SNSを見ました。息子さんと塗り絵について
話のやり取りをしている動画が、微笑ましくてホッコリして
大好きになりましたので、よかったら使ってください」と。
まさか、こんな事が起こるなんて思ってもないことでしたので、
驚きとファンの方の優しい気持ちにありがたいと思いました。

息子とは話す機会も少なく細かいことはわかりませんが、
厳しい音楽業界の中で多くの挫折を味わったことと思います。
うまくいかなかった時に息子なりに原因を見つめ直し
自分の好きな道を進み続ける決心をしたからこそ
今の姿があるのだと思います。

これからも、息子が夢を叶えられるよう、母親として
影ながら応援してあげたいと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート 朝倉 祥子

関連記事

よく読まれている記事