【スタッフブログ】梅雨明け? | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5248]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 179
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 179
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】梅雨明け?

2018.07.14

みなさん、こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの弓野です。

今年は、関東地方で6月29日に
梅雨明け宣言が気象庁より出されました。

私が小学校の頃は、
梅雨明け=夏休みでした。
毎年7月20日前後には空がまっ黒くなり、
雷が鳴って雹(ひょう)が降り
その直後にカーッと真夏の日が射し込みます。
数時間の間にショータイムのように起こるのが梅雨明けでした。

いつからか、
梅雨明けが例年通りでは無くなってきました。
昨年は7月6日に梅雨明けでした。

20年位前から「異常気象」という言葉が一般的になってきました。
その頃は、今ほど極端な気候ではありませんでした。
この10年位でしょうか。
気象観測以来や数十年に一度が毎年のことであったりと、
いつを基準にしてよいかが難しくなってきました。

千葉県の千葉市・八街市・富里市は、秋冬ニンジンの産地です。
これらの地域では、7月20日前後に梅雨明けすることが重要になっています。
実は、ニンジンの栽培には梅雨が大きく関わっているのです。

1.7月20日~8月5日頃 ニンジンの種まき

  この時期は、土の中に梅雨の雨が沢山あるので
  種まきするには十分な水分があります。

2.8月5日頃 本葉4~5枚ぐらい

  梅雨明け後、8月5日頃に一雨あるようです。
  発芽した後に、梅雨で蓄えられた土壌水分がなくなる頃に
  雨により水分が得られます。

3.8月15日頃以降 本葉5~6枚ぐらい 間引き

  夕立があり、適度な水分があります。

農業と気象は大きな関わりの中で成り立っているのがわかりますね。

話は変わりますが、日本は水が豊富な国です。
しかし、昨年は海外からミネラルウォーターが24万トンも輸入されています。
また、食料や畜産物を輸入する消費国が
自国でそれらを生産すると仮定した時に必要となる水の量を推定した数値に
「バーチャル・ウォーター(仮想水)」と呼ばれるものがあります。
これは、農畜産物の輸入が形を変えて水の輸入をしているとも考えられます。
両方合わせると
日本は膨大な量の水を輸入していると言えます。

日本には「風呂」に入る文化があります。
これは水が豊富でなければできないことです。
この先も、風呂に入ることを続けられるようにしていきたいものです。
夏の夜は、風呂上りに一杯・・・といきたいものです。

これから、ますます暑くなります。
夏本番です。
みなさん、どうぞ夏バテなどなさいませんように。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 弓野  博伸

関連記事

よく読まれている記事