【スタッフブログ】初めての漬けもの☆ | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[5986]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 328
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 328
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】初めての漬けもの☆

2019.06.22

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニー産地担当 瀧澤です。

全国的に梅雨真っ只中ですが、今年は今のところ
降雨が少ないですね。先日気象庁も少雨に関する
気象情報を発表していましたが、しばらく雨の少ない
傾向は続くようです。農作物や日常生活に大きな
影響が出ないことを願いたいです。

さて、ナチュラル・ハーモニーの宅配のある成田センターに
入荷している作物で、この時期ならではのものが
入荷しております。それは「ラッキョウ」です!

里芋やニンニクの生産者でおなじみ、
宮崎県の川越俊作さんから収穫したばかりの
自然栽培ラッキョウを分けていただくことができました。

最近ナチュラル・ハーモニーの社内で、漬けものの開発や
商品の導入がにわかに活気づいているのですが、
試食するとどれも美味しく、私も漬けものに魅せられつつあります。

そこで、行程がシンプルなものなら自分でも漬けられる
のではと思い、人生で初めてラッキョウを漬けてみることにしました。

ラッキョウの漬けものというと甘酢漬けが定番かと思いますが、
その他にも醤油漬けや味噌漬けなどたくさんの種類があります。

とりあえず塩漬けにすれば塩抜きしてそのまま食べるもよし、
その後いろいろなバリエーションの漬け方もできるとのことなので、
ド素人の私は欲張らずに塩漬けから試してみることにします。

<用意するもの>
・自然栽培ラッキョウ(土付き)
・天日湖塩
・ガラス瓶(保存用)

<つくり方>
1. ラッキョウについた土を流水できれいに洗います。
 洗いながら薄皮も同時に手で剥いてしまいます。

2. 芽の部分と根っこの部分を包丁やキッチンばさみでカットします。

3. ボウルに移して、塩(ラッキョウの重量の8~10%が目安)と混ぜます。

4. 保存容器に移して、冷暗所で保管。

とてもシンプルです。

1週間~10日位で乳酸発酵し始め、うまみが増してくるそうです。

塩漬けの状態で長期間保存可能とのことなので、
しばらく保存しながら塩抜きをしてそのまま食べたり、
できればハードルを少し上げて甘酢漬けなどに
漬け替えたりしてみたいと思います♪

★一言メモ★
ちなみにカットした芽の部分は捨てずに利用できます。
細かく刻んで、醤油や味噌、塩などに漬け込むと美味しい調味料に
なるそうですよ。

ぜひ旬の味わいを余すことなく食してください。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 瀧澤 憲治

関連記事

よく読まれている記事