【スタッフブログ】種子法ってなに? | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5249]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 207
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 207
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】種子法ってなに?

2018.10.17

こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの宅配 石川です。
「種子法のお話」の連載1回目になります。

         もくじへ    次に進む>

第一回 「種子法」ってなに?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

――  大類さん、早速ですが種子法ってもともと、どんな法律なんですか?

 

大類  もともとは、種子法ってのは主要農産物種子法っていう法律で、
    昭和27年に制定されたものです。
    27年っていうと戦後間もなくのことになるよね。

    で、そもそもなんでこの種子法がつくられたかっていうと、
    日本が戦争に負けちゃって、農業もズタズタになっちゃったわけです。

    戦争で一番被害を受けたのは都市部だったから、
    農村部は割と生き残っていました。
    でも、タネの部分がきちんと法的に管理できていなかったんです。

    それで、戦争によって受けた打撃によって、
    主食って言われる、いわゆる主要農産物ですね。
    それがまったく流通しなくなってしまったんです。
    日本全体に、大規模な食糧難が起こってしまったわけです。

    ここでいう主要農産物とは、と、大豆と、の、主に三つ。

 

――  麦もそうだったんですか?

大類  地方によってはもうちょっとあるかもしれないけど、
    主にこの三つを国と地方できちんと管理していこうと。

    そのためには、国家予算もしっかり使って、
    国も責任を持って、管理していこうと。

    その管理っていうは売り買い、流通の面だけじゃ無くって、
    開発っていうところまで

    たとえば北海道なら、北海道に合った米や大豆、麦。
    九州なら、九州に合ったものだったりを開発する
    というところまでしっかり見ていこうと。    
    各都道府県みんなが協力しあって守っていこうと。

    もちろん地方によってちゃんと育たない農産物、
    つまり合う合わないがあるから、
    その土地に合うように、
    その土地に向いた品種改良まで行う。

    難しい言い方をすると、その農産物の遺伝的特性をも守って、
    品種改良を行ってきました。
    土地の文化なども含めて守っていくようなところもあったと思います。

    もちろん国も協力して、予算をつけて、出来た農産物は安く流通させる。
    そうやって今までやってこれた。

    それはこの種子法というものがあったからなんです。

 

――  今のお話を伺って、
    戦争でボロボロになった日本の食を立て直そう
    という動きであった事が分かったように思います。

    それに遺伝的特性、
    つまりその野菜自身が、
    その土地に合わせて生き残ろうとした努力、
    そして生きてきた歴史を引き継いできたもの
    ともいえると思いますが、
    それすらも守ろうとする法律は、
    確かにその土地の文化も守っているといえそうですね。

    しかしその種子法が今、無くなってしまいました。    
    それによってこれからどのようなことが起きていくのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         もくじへ    次に進む>

ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート 石川 裕貴

関連記事

よく読まれている記事