【スタッフブログ】私たち産地担当の仕事とは☆ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6647]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 239
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 239
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】私たち産地担当の仕事とは☆

2019.01.19

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニー 産地担当 瀧澤です。

お正月気分も束の間、1月後半に差し掛かり
日常生活も普段のペースに戻りつつありますね。

私は昨年より業務の一環で、宅配センターのある
千葉県から横浜・東京方面に早朝から野菜やお米の
配送を行っています。

天気が良い日は東京湾アクアラインや横浜ベイブリッジを
通過する際、雪を被った雄大な富士山を望むことができ、
道中のささやかな楽しみとなっています。

関東地方では昨年末から年始にかけて雨が非常に少なく
空気が乾燥しているため、普段より遠くの景色がくっきりと
見えるそうです。
たしかに年始は富士山以外の景色も、さらに遠くの方まで
見えるようになった気がします。

ただ、あまりに雨が少ないと作物の生育に影響が出ないか
心配になってきます。
特に2月から3月位にかけては冬から春への季節の変わり目に
あたるため、入荷する作物の品目数が減る「端境期(はざかいき)」の
時期になります。

自然栽培では、各地域の気候や作物本来の生態に合わせることで
健全な作物が育つと考えていますので「旬」を大切にします。

もちろん、できる限り安定的に作物を供給するために、
季節の移り変わりを生かし、地域ごとに少しづつ栽培時期をずらして
お届けできる期間を長くするなど調整していますが、その年の気候など
条件によっても生育状況が左右されるため、必ずしも計算通りに
うまくいくとは限りません。

今年も入荷する品目数が徐々に減ってきたため悩んでいたところ、
早生のタマネギを栽培してくださっている淡路島自然農法根っ子の会さんから
「葉タマネギ」の出荷準備ができたと知らせが来ました♪

数年前より、作物が少ない今の時期に出荷が開始できるよう、播種や
定植の時期の調整を試みてくださっています。
本当にありがたいことです。

瑞々しい白い実とやわらかそうな葉の緑のコントラストが美しい
葉タマネギ。
この時期だけお届けができる旬の作物。
葉も実も一緒にオリーブオイルと塩で炒めるのが簡単で
最高に美味しい料理法です^^

そしてもう1品。熊本の亀川さんから赤・緑、2色のカラシ菜が
入荷しています。

どちらも九州より輸送されてきたとは思えないほど張りがあります。

数年前に比べれば、自然栽培の生産者・産地が増えてきたこともあり、
お届けできる品目数も格段に豊富になってきています。
品目をそろえるだけでなく作物の品質や味わいなどもしっかりと見極めながら
より良い状態でみなさんの元へお届けできるよう調整していくのが
私たち産地担当の仕事です。

これからも日々の調整を丁寧に行っていきますので、
お届けする野菜の状態にもぜひ注目いただきたいと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 瀧澤 憲治

関連記事

よく読まれている記事