【スタッフブログ】農業の珍しい気象災害 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5248]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 207
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 207
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】農業の珍しい気象災害

2018.10.20

みなさん、こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの弓野です。

今年の夏は、豪雨や台風が絶え間なく発生し
日本列島の各地に大きな被害をもたらしました。 

被害のあった地域の皆様におかれましては、
お見舞い申し上げます。

一般的に野菜は、種を播いてから何ヵ月もかけて収穫します。
収穫までに適度な雨風や穏やかな気候であれば順調に
生育しますが、日照不足・豪雨・干ばつ・高温・低温を受けると
形・大きさ・味に影響がでます。
場合によっては収穫できないこともあります。

茶畑には、所々に背の高い扇風機があります。
扇風機と言えば、暑い時に涼むためのものですが
「茶葉にも涼んでもらおう!」と設置をしているわけではありません。
3月から5月にかけて霜が降りると、新芽が凍結することがあります。
そこで扇風機の風によって冷気をかき回して凍結しないようにしています。
凍結すると一番茶の収穫ができなくなり生産者は大打撃を受けてしまいます。

みなさんは天気予報で「霜注意報」を聞いたことがあると思います。
霜注意報は何のためにあるか知っている人は少ないのではないでしょうか。
この注意報は農作物に著しい被害が予想される場合に発表されます。
霜が降りるときは冷え込みが強いため、農作物が凍って被害を受ける
可能性があります。凍ることによる被害を「凍害」と言うことが多いです。

今年に起きた台風24号では、猛烈な強風により間接的な被害が発生しました。
千葉県と東京都を結ぶ京成電鉄は、駅・電車・レールに直接的な
被害はありませんでした。しかし、数日経ってから電線から発火する現象が現れ
長時間不通になりました。
私の車は黒色ですが、台風通過後に白くなっていました。
「前日に点検時に洗車機で洗ったばかりなのに・・・」と思いながら
何で白くなっているのかわかりませんでした。
会社近くのスタンドで洗車しようと思ったら、長蛇の列で一日中
洗車機が空くことがありませんでした。これは台風が海水を
巻き上げたことによるものでした。

台風24号によって、海水を含んだ風が海岸から数十キロも
入り込んだ場所があります。海のない埼玉県でも確認されています。
海水を含んだ風に植物が触れると葉の変色や枯れる被害が発生します。
野菜の場合は苗の時に枯れる被害があります。枯れずに生き残っても
順調に生育することは少ないです。一般的に「潮風害」「塩害」と
呼ばれています。

台風通過後、沿岸地域では風向きで被害が発生することはありますが、
内陸まで被害は発生したのは聞いたことがありません。
今回の強風の威力が分かります。

この現象がこれから収穫される秋冬野菜にどの程度影響するか分かりません。

台風通過時期が秋冬野菜の苗を植えている時期だったことから、
何かしらの影響は発生しそうですが今後の経過を見守るしかありません。

農業は自然相手の仕事。
私たち流通も大きな視点で自然に順応していきたいと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 弓野  博伸

関連記事

よく読まれている記事