【スタッフブログ】この花なーんだ!? 畑に咲く白い花☆ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5251]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 156
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 156
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】この花なーんだ!? 畑に咲く白い花☆

2018.01.13

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 瀧澤です。

突然ですがクイズです。
この花は何の花でしょうか!?

スーパーなどで年中見ることができる、
あの野菜の花です。

そうです♪ 正解は「人参」の花です。
花が咲いた姿はあまり見たことがないのではないでしょうか。

以前にもご紹介しましたが、
ナチュラル・ハーモニーには
通称ハーモニー農園と呼ばれる実験圃場があります。
土づくりと自家採種を通じて、
自然観を養うためにスタッフ自ら自然栽培を実践しています。

人参の自家採種も継続的に行い毎年種を更新をしていますが、
種が付く前に咲く花は小さな花が集合し
独特の造形美を見せながら、何とも言えない甘い香りを放っています♪

秋から冬にかけて収穫する人参は葉が寒さで枯れるため、
みなさんにお届けする際は
葉をきれいに切り落としますが、
そのまま畑に植えておくと
春先新たな芽が伸びてきます。

稀に家庭菜園などで、
畑に残した人参に花が咲いていることってありますよね。

ハーモニー農園では自家採種をするために、
収穫したものの中から種を残したい個体を選んで(母本選抜といいます)
再度畑に植え付けています。

温かくなるとともに、人参の葉は勢いよく伸びていきます。

5月から6月頃に白い花が咲き、
最終的に種を付けます。

完熟した種を手や網などで擦ると
ポロポロと種が外れます。

その後選別をして、
比重の軽い種や種以外の有機物等を取り除けば、完了です♪

こうして採種した種を翌年使って栽培し、
収穫・母本選抜、種を採ることを繰り返します。

ハーモニー農園にて人参の自家採種を続けて、約10年。
元の品種は「馬込三寸」という品種で、
太くて短い形状の人参だったと聞いています。

今ではその面影はあまり残っておらず、
見た目は長い形状で、味はすっきりとした甘さの人参です。

品種特性は採種する人の選び方によっても徐々に変化していくので、
自家採種を継続することによって
これからどのような品種に変わっていくか楽しみです♪

今後も変化していく畑の土と作物の姿から、
自然界の法則を紐解くヒントを少しでも多く見出していければと思います。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 瀧澤 憲治

関連記事

よく読まれている記事