【スタッフブログ】自然栽培のグレープフルーツ☆ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5249]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 216
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 216
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】自然栽培のグレープフルーツ☆

2019.03.9

みなさん、こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの弓野です。

これまで、ナチュラル・ハーモニーの宅配にて
お届けする柑橘類についてご紹介しましたが、
いよいよ自然栽培のグレープフルーツの登場です!

今では身近な存在のグレープフルーツ。
今回はグレープフルーツのご紹介をしていきます。

グレープフルーツは西インド諸島のバルバドス島で
1750年頃に文旦とオレンジの自然交配で発生しました。

グレープフルーツの名前の由来は、ブドウのように実る
ところから名付けられたそうです。

品種は大きく果肉の色で2種類に分かれます。
白肉種(ホワイト系)と赤肉種(ルビー系)です。

今、日本国内で一般的に販売されているものは、
主にアメリカや南アフリカからの輸入がほとんどです。
日本国内でグレープフルーツが栽培されるのは珍しいこと。

私が小さい頃は、果実を半分に切って砂糖をまぶして、
先端がギザギザになっているスプーンですくって
食べていました。しかし、大人になってからは
居酒屋等で「生グレープフルーツサワー」を注文し、
半分に切られた果実を自分で絞って焼酎に入れるように
食べ方が変化したように思います。

缶チューハイでも販売されているように
今ではグレープフルーツは焼酎のパートナーとして
欠かすことができない存在になっています。
(私だけでしょうか……)

さて、宅配でお届け予定のグレープフルーツは
鹿児島県出水市津曲(つまがり)善三さんが栽培しています。
道法正徳さんの指導を受けたことが自然栽培を始める
きっかけだったようです。

こちらの画像は今年の2月中旬に津曲さんから送られたものです。


たわわに実っているようですね。
順調に育っている様子が伝わってきます。

みなさんには3月下旬頃よりお届けする予定です。
(お届けにはフルーツマルシェの登録が必要です)

お届けできるまで、あと少し。
楽しみにお待ちいただければと思います♪

ナチュラル・ハーモニーの宅配 産地担当 弓野  博伸

関連記事

よく読まれている記事