【スタッフブログ】CRED「すべてに感謝する」 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6641]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 230
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 230
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】CRED「すべてに感謝する」

2018.12.12

こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 朝倉です。

このコーナーでは、私たちナチュラル・ハーモニーの
信条「CRED(クレド)」と、共感できた出来事を紹介していきます。

☆CRED(クレド)とは?
ザ・リッツ・カールトンホテルなどで
取り入れられているCRED。
いわば会社の信条や心がけることを表しています。
ナチュラル・ハーモニーでは自然栽培の考えを基にして
わかりやすくCREDにまとめています。

今回ご紹介するCREDはこちらです。

CRED『すべてに感謝する』 

『わたしたちは、地球上で雨が降り、風が吹き、そして太陽に
照らされることで大地にあらゆる生命が育まれていること、
このすべての営みが奇跡の連続であり、わたしたち自身も
その結果であることを理解し、何かひとつが欠けても生きて
いけないことを自覚して感謝の心で対します。 』

最近、母親がよく父の話をするようになりました。そのせいか
父に似た高齢の方を見かけると、父ではないかと錯覚して
しまう時があります。父はすでに3年前に亡くなっているので
私が混乱しているのですが、改めて母の言葉を聞いて
父を思うことが多くなりました。

父は専業農家の3代目の跡取りとして生まれ、兄弟・両親・
お手伝いさんを含めると15人の大家族でした。朝早くから
日が落ちるまで、休むことなく多くの作物を育てていました。
そんな中、生まれた私は未熟児で身体が弱く自力で母乳を
飲むことが難しかったので、隣町にある牧場の牛のお乳を
父は朝早くバイクを走らせ買いに行ってくれていました。
そんな私は両親にはかなり心配や手間をかけた子供でした。

小学校の頃には夏休みが近づくと、私は父に「海に行きたいから
連れていって」と毎日のようにせがんでいました。この時期の
農作業は西瓜やメロンなどの出荷で忙しく家を空けることなど
無理なことでした。そんなある朝、眠たい目を擦りながら庭を見た瞬間、
目の前には小さなプールが!
私はすぐに父が作ってくれたのだとわかり、嬉しくて飛び上がるほどの
喜びだったことを覚えています。「父ちゃんは凄いな」と思えたのでした。

中学・高校と進学し、大学に行くことを決めた時には家を
離れなければなりませんでしたので、父は寂しい顔を見せていました。
後々母から言われて知りましたが、大学の授業料は2tトラック
1台分のごぼうの売上だったそうです。ごぼうの収穫は丁寧な
作業と力のいる仕事であり、大変手間のかかるものでした。
苦労をかけていたのだと知った時は、胸が締め付けられる
思いでした。
私も年頃となり結婚相手を連れて父に会いに行ったのですが、
猛反対され「俺が一生面倒を見るから嫁に行くな」と言われました。
父親が娘を思う気持ちだと受け止めてはいましたが、正直
どうしたものかと困り果ててしまいました。このことがあってから
5年間も父との会話がない状態が続きました。周囲の説得もあり
何とか許してもらうことができたのですが、父の気持ちを思うと
寂しさが込み上げてきます。

そんな父も80歳になり、変わらず畑に行っては葉物を収穫し
袋に詰めて自分の車で近くの販売所へと出荷している姿は
生き生きとして楽しそうでした。この頃の口癖は、
「畑で死ねたら本望だ」と言っていたほどでした。

今まで色々と辛い時や苦しい時があったと思いますが、一言も
愚痴など言わず農業を愛し、私達家族を愛し、見守ってくれた
父を尊敬しています。家族と一緒に過ごした日々に思いを
寄せる時、父の優しさと愛情の深さに感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも最後までお読みいただき 誠にありがとうございます。
今年も皆さまには、たくさんのご支援をいただき感謝いたします。

良いお年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。

ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート 朝倉 祥子

関連記事

よく読まれている記事