【スタッフブログ】~身体と向き合う一週間~ | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5252]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 206
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 206
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】~身体と向き合う一週間~

2018.02.17

みなさん、こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江です。

暦の上では2月4日に立春を迎えました!

ただ、2月に春と言われても
その響きのもつイメージとは
多少のギャップを感じる時期だと思います。

各地ではまだまだ雪が降ったり
朝晩の冷え込みが厳しい時期ですので、
風邪などひかないよう十分にお気をつけくださいね。

かくいう私は、、、

なにか春を感じられることはないかなぁ~、
と探す間もなく
しっかり風邪をひき寝込んでいました(笑)

私たちの会社では、風邪は身体をリセットするための
絶好の機会だと捉えるちょっと変わった考え方があります。

風邪をひいて「熱が〇〇度出ましたよー」
なんて話をすると
「良かったね~」と返ってくることもしばしば。

風邪の症状や発熱は、
本来の身体機能を取り戻す過程で起きる症状なので
ありがたいものなんですよね。
(注:こうした価値観を持っていない方へ
 気軽に「良かったね」なぁんて言うと
 喧嘩の元になるのでご注意を!)

さてそうは言っても
実際に熱が出ている最中は、
ホントしんどいです。

感謝だなんて思えるか~!
と言うくらい何もする気がしません。

おまけに愛する娘には近づけてもらえず、
一人寂しく隔離される有様でした…。

もうこれは「ゆっくり休みなさい」という
身体からのサインです。
こうなったら従うしかないですね。

自宅で療養する上でのポイントとしては

・水分と塩分補給はしっかりと
・汗をかいたら着替える
・とにかく寝る(横になる)

こうした環境を整えることが出来れば
身体は自ずとリセットの準備を進めてくれます。

早ければ一晩でスッキリできますが、
長くて数日かかる場合もあります。

さて、
ある程度熱が収まってくると
お腹の空きを感じ始めます。
ぐぅ~。

そんな時は慌てずに、
お腹へ負担の少ないものを選びましょう。

具合が悪い時、食欲がない時でも
比較的口にしやすい食材としては…

・お米

風邪をひいたときの大定番。
日本に生を受けた方なら外せませんよね。
お粥、雑炊のスタイルからお好みのトッピングなど
その時身体が求める味付けで。

・甘酒

古くから「飲む点滴」なんて言われています。
ただストレートではかなり濃厚です。
お湯で薄めて、しょうがなどを加えても◎

・そうめん

優しい喉越しが疲れた身体を労わってくれます。
今の時期なら温かくした「にゅうめん」なんかも良いですね。

・野菜(根菜類)

薄めの出汁で煮た根菜をハフハフといただきます。
大地のパワーを直接いただけるのでそれだけで元気が出ます。

・ジュース

取る水分に変化をつけたくなったらこれ。
身体の冷やしすぎはお腹に響くので出来れば常温で。
くず粉などでとろみをつけると飲みやすくなります。

他にもまだありそうですが
いつもより食が細くなってますので
量は控えめにしましょう(笑)

適切な療養により徐々に調子を取り戻していくと、
あのつらい時期が嘘のように晴れ晴れとしてきます。

しっかりと熱を出した身体は、
幾分か軽やかになったようにも思います。

具合が良くないときを振り返ってみて
改めて感じたことは

「頑張っている身体を実感できたこと」
でした。

熱を出すこと
たくさん汗をかくこと
しっかりご飯を消化吸収できること

普段は日常の中で当たり前になって
ついつい流してしまいがちなことにも
こうした機会にしっかりと向き合うことが
出来たのは嬉しい誤算でした。

身体さん、いつも頑張ってくれていてありがとう!

こうした気づきをもらえるのであれば
年に1,2度は適度に熱を出す機会があっても
良いなと私自身は感じられました。

つらい経験は出来ればしたくないものですが、
もし体調を崩されてしまった時でも
自分の身体と向き合う機会と捉えていただければ
今までと違った見方ができるかもしれませんね。

今回の記事がどなたかの
お役に立てれば幸いです。

これからも皆さんに寄り添った
宅配を目指してまいります♪

ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当 大江 祥

関連記事

よく読まれている記事