【スタッフブログ】五感で味わう涼の工夫 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6645]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 293
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 293
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】五感で味わう涼の工夫

2019.08.17

みなさん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配 システム担当 大江です。

残暑お見舞い申し上げます。

大暑も過ぎ、暑さのピークを越えたかな?と思えば
台風などの影響もあり40度越えの気温を観測するなど
厳しい残暑が続いています。

エアコンや扇風機をフル稼働というところも
あると思いますが、今回はちょっとエコな観点から
電気がなかった時代から伝わる優れた涼をとる工夫について
みてみたいと思います。

▼打ち水

桶やたらいに張った水を道や建物に撒いて周辺の気温を下げる方法。
元々は茶道でお客様をもてなす際に行われていた風習だったとも。

今のようにアスファルトで舗装されていなかった江戸時代に
土ぼこりを抑えつつ簡単に涼をとれる手段として広まりました。

近年では「打ち水大作戦」と称した取り組みで話題に上がることも。
水道水を使用せず、雨水や残り湯など二次利用水を使うことで
環境負荷に配慮しながら涼もとれる一石二鳥の方法です。

一番暑い日中に水を撒いて気温を下げたくなりますが
実は蒸し暑さが増すだけで逆効果になることもあるのでご注意を。
朝夕の暑さが落ち着いたタイミングで行うのがおすすめです。

▼風鈴

ガラスや金属、陶器等でできた風鈴は
見た目にも涼しく、風に吹かれると
透明感のある音色を奏でてくれます.

実は風鈴の音を涼しいと感じるのは
主に日本人の持つ連想力からなんだそうです。

そう言われて私も風鈴の音を聞いてみると、
かき氷を食べた時の頭に響く感じや
グラスに入った氷が融けながら
音を立てて崩れていく様が思い起される気がしました。

こうしたイメージに身体が反応して
一種の涼感を得ているのかもしれません。

▼よしず、すだれ

植物を使った日除けグッズです。
葦や竹などをすのこ状に編んだもので、すだれは窓や軒にぶら下げるもの、
よしずはすだれよりも大きく屋外で窓や入口に立てかけて使うのが特徴です。

完全に外観を覆ってしまうカーテンとも一味違い
透け感のある植物が目にも涼しく、日射しが和らぐのを実感できます。

打ち水と組み合わせれば涼の効果は高まることでしょう。

▼蚊帳

エアコンが苦手という方は、
夜窓を開け放しで寝る方もいらっしゃると思います。
でもそんな時は蚊の喧しさになかなか寝付けないことも。

古くは草木を火にくべた煙で蚊を追い払ったり(蚊遣火)
物理的に蚊を避けるために麻や綿で編んだ蚊帳を使って
蚊遣りをしていました。

これら天然素材でつくられた蚊帳に入ると不思議なことに
蚊帳の外に比べて温度が下がるということも知られています。

これは蚊帳全体で湿度を調整し、
さらに気化熱を利用して熱を逃がす構造になっていて
内部に快適な空間をつくり出すからなんですね。
蚊帳内温度が2度ほど下がるというデータもあるから驚きです。

蒸し暑い夜でも安眠を求めた先人の知恵ですね。

弊社でも本麻の蚊帳について取り扱いがございますので
ご興味のある方はこちらから是非ご覧になってください。

https://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000828/ct108/page1/recommend/

▼ヒグラシ

「カナカナカナ……」という鳴き声が特徴的なセミの仲間。
日の出の頃や夕暮れ時等の暑さが落ちつく時間帯に鳴くことから
この鳴き声にどこか涼しさやホッと癒される気持ちになるのは
私だけではないはず。

夕涼みをしながら聞くその声は何とも物悲しく
夏が過ぎていくのをさも惜しんでいるかのようにも聞こえます。

▼甘酒、飴湯
夏はやっぱりキンキンに冷えたビールとエダマメ……!
という方も多いかもしれませんが
江戸っ子の暑気払いには熱い甘酒や飴湯(水あめや米飴をお湯に溶かしたもの)、
麦湯などが好んで飲まれていたようです。

真夏に熱い飲み物!?と思われるかもしれませんが
当時はまだ製氷技術が発達しておらず冷たい飲み物は貴重だったため
熱い飲み物で発汗を促して汗を引かせていました。

特に甘酒については飲む点滴とも言われるほどの
滋養飲料として重宝されていて、
近年でも醗酵食ブームで人気が再燃していることは
みなさまご承知の通りです。

昔の江戸庶民に習い、熱い甘酒で乾杯!というのも
オツかもしれませんね。

 

以上伝統的な方法を中心に涼の工夫を見てみましたが
ご紹介できないくらい様々な智恵が残されています。

否応なくやってくる暑さに対し、
五感をフルに活用した回避方法を考えだしていく
先人の努力には目を見張るばかり。

一部はそのまま、あるいは形を変えながら当時の風習が
現代社会にも溶け込みながら残っていることが嬉しく、
良い風習は次の世代にもぜひ引き継いでいってもらいたいな
とも感じています。

ただ数百年前と比べて現代はさらに暑くなってきている
のはデータを見ても明らかです。

先人の知恵だけでは回避できないほどの
時に命の危険を感じる様な状況も多々ありますので
小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭では無理をせず
冷房機器も上手く組み合わせながらお過ごしください。

暑い時期はもうしばらく続きそうですので
ご紹介した方法で少しでも涼しく乗り切っていただけたら幸いです。

 

ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江 祥

 

 

 

 

 

 

関連記事

よく読まれている記事