【スタッフブログ】自己の芽生えた瞬間 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6645]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 244
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 244
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】自己の芽生えた瞬間

2019.07.27

みなさん、こんにちは!
ナチュラル・ハーモニーの宅配システム担当 大江です。

7/23に二十四節気「大暑」を迎えました。

と言っても今年の関東地方は梅雨がながく
最近になってようやく夏を感じる方も多くいるようですね。
(私もその一人です)

宅配センターのある千葉県八街では数日前から久々の晴れ間も見えて
梅雨が明けるかな~?というタイミングで
台風接近のニュースが入っています。

この週末、台風が過ぎ去った後から
いよいよ夏本番スタートといった所でしょうか。

台風通過中に気を付けるのはもちろん、台風一過も加わると
想像を超える暑さも想定されますので十分にご注意くださいね。

さて、この台風ですが自然災害としてではなく、
自然界レベルで見ると実はいくつか重要な役割を
果たしていることをご存知でしょうか?

一例としては、
海水をかき回し、太陽で熱された水面近くの温かい水と
海底の冷たい水を混ぜることで水温が上がり過ぎないようにしたり
酸素を供給したりして水中生物の環境を整えている
というもの。

海水温が上がりすぎてしまうことで
サンゴ礁が白くなる(白化)現象を
ニュース等で見聞きされた方もいるかもしれません。
また、大雨をもたらす台風は増水によって
川底の石の汚れを洗い流してくれることも分かっています。

川の魚はきれいな石にしか産卵ができないので
台風が少ない年には魚が減ってしまうという事もあるとか。

その他ではご存知の通り、
水不足を解消する天然の水がめとしての役割
などが知られています。

大きな被害をもたらす脅威として記憶されている方も
もちろんいらっしゃると思いますが、
台風がもたらす恩恵というのも少なからずあることが分かります。

身の回りに起きてくる現象には様々な面、
色々な見方があるんだなという事を知っておくだけでも
受け止め方が多少変わってくるのかもしれません。

いずれにせよ、脅威として想定しうる被害については
最小限に抑えられるよう事前の対策は欠かせませんね。


さて、最近の我が家では台風が通過したかの様な
大荒れ現象が日々発生しています(笑)

というのもこの小さな台風娘の影響に他なりません。

最近はおままごとに熱心で、
おもちゃの台所セットでは飽き足らず
キッチンに忍び込んでは食器棚や引き出しをあさり、
容器や調理器具を広げ
一人で謎の料理を作っては振舞ってくれます。

楽しんでいる分には全く問題ないのですが、
お出かけしなきゃいけない、もう寝なきゃいけない
という時にこの状態から連れ出すのは一苦労。

楽しんでいる所を取り上げてしまうと
当然ですが全力で泣き喚く始末……。
この状態になると抱っこしてもどうあやしても
基本収まりません。

それで結局は、持っていきたいものを
2つ(両手に一つずつ)選ばせてお出かけしたり、
寝床についたり
といった日々を送っています(笑)

このひと月の間に、主に単語だけだったおしゃべりから
急激に文として意味の伝わる会話をするようになり(驚)
またそれと同時に、

「〇〇したいのー」
「〇〇じゃなきゃ、いや」

といった主張も目立つようになってきました。

先日も靴を履かせようとした際、
「くっく(靴)自分でするのー!」
と言うのでしばらくやらせてみたのですが、
靴を履く動作は幼児にはなかなか難しいようで
最後には、
「くっくはけないのーー!!」
と号泣する始末……。

これは何とも子供らしい展開だな~、
と思いながらよく頑張ったねと声をかけてあげました。

こうしたエピソードは色々とあるのですが、
そのどれもが「自己」が芽生えだしたことの
表れだと感じています。

これまで一通りの身の回りを世話してきた立場としては
こうした変化は嬉しくもあり、ちょっと寂しかったりと複雑です。

ただ自分で出来ることを増やして広げて
色々と体験してほしいという気持ちは変わりませんので、
本人がやりたいことには出来るだけ
チャレンジさせてあげるという方針でいます。

極端に嫌がってしまう場合は、
もしかすると親や周りの大人たちの押しつけであるかもしれず、
子供は無意識にそれを拒否しているかもしれないと思うこともあって、
日頃の接し方には一層注意を払う必要があります。

自分の子供だけでなく、他人の子供への接し方なども含めて
すべて上手く出来るわけではなく
ああすれば良かったな、あの言い方や振る舞いは悪かったなと
反省しきりの日々です。

もちろん子育てに正解は無いのですが、
今の自分が持っている大切にしたい気持ちや感覚、感情に
反することなく、かと言って自分自身も無理に追い込まず
バランスを取りながら子供の我がままに付き合っていこうと思います。

 

ナチュラル・ハーモニーの宅配 大江 祥

 

 

 

関連記事

よく読まれている記事