【スタッフブログ】コロナウイルスについて分かってきたこと | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5961]
  public 'term_id' => int 33
  public 'name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'slug' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 33
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 306
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '8' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 33
  public 'category_count' => int 306
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '宅配より' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'home_delivery' (length=13)
  public 'category_parent' => int 2

宅配より

宅配より

【スタッフブログ】コロナウイルスについて分かってきたこと

2020.10.18

こんにちは。
ナチュラル・ハーモニーの石川です。

ここ最近はマスクを着用するか否かで問題が起こっていますね。
マスク着用について注意されたことを発端に騒ぎが大きくなり
お店が休店してしまった…などという事態も発生しています。

現在では「マスクに効果なんて無い。むしろ害がある。」
などといった情報もあり、より一層混乱が深まってきている
ようにも感じます。

これから2回に渡り、
弊社顧問医師でもある三好基晴先生の発信する情報や、
その他の医師の発信する情報や論文、厚生労働省の発信
する情報、そしてマスクの肯定的な情報、否定的な情報なども
ひっくるめて総合的にどうなのかを考えてみるような記事を
書いて参りたいと思います。

とはいえマスクについて話す前にまずコロナウイルスについて
現段階でわかってきている最新情報を把握しておく必要があると思い、
三好先生のおすすめする書籍である、以下の書籍を読み込ませて
いただきました。

「上久保靖彦・小川榮太郎(2020)ここまでわかった新型コロナ  WAC文庫」

今回はまずコロナウイルスについて分かってきたことを、
主にはこの書籍から、
さらにその他さまざまな情報をもとに
書かせていただきたいと思います。

〇新型コロナウイルスも「コロナウイルス」である

そんなの名前からしてそうでしょ。
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
これはとても重要なことです。

新型コロナウイルスは突然肺炎が重症化し、
倒れて亡くなってしまうというようなことが多数起こったため
「コロナウイルス」という名前がついてはいるものの、
まったく違った性質をもったウイルスなのではないかとも
言われていました。

しかしやはり性質的にはコロナウイルスで間違いが
無いということです。

従来のコロナウイルスは普通にひく風邪のウイルスの
1つで、まったく珍しいものではありません。

ウイルスには大きく分けてDNAウイルスと
RNAウイルスとがあります。

DNAウイルスはとても変異しにくいウイルスで、
一回有効なワクチンなどを開発すればそれが長期的に
効果を発揮することができると言われています。

しかしRNAウイルスはものすごく変異しやすい特性があります。
インフルエンザやコロナウイルスもこのRNAウイルスです。
インフルエンザのワクチンを毎年打たなければならないとされて
いる理由は変異が早すぎて過去のものが役に立たないためです。

新型コロナウイルスは急激に症状が悪化する場合もありますが、
ほとんどが無症候(無症状)かただの風邪くらいの症状で
終わってしまうものであり、強い特徴が無いためワクチンを
つくること自体が難しい、もっと言ってしまえばつくることが
できません。

もう少し詳しく言うと、ものすごい強毒性があって症状もその
ウイルスならでは、というような大きな特徴を持っていれば
抑えるべき点が分かりやすくワクチンなどもつくりやすいですが、
普遍的なとらえどころのない症状しか出ない場合はつくれないのです。

また今回の新型コロナウイルスは最初期にS型が発生し、
K型へ変異。さらに武漢で感染爆発した武漢G型に変異し、
そして欧米で欧米G型に変異し、大きな被害がもたらされた
ことが解析で明らかになっています。

このS→K→Gの順で感染していけば変異に沿った免疫を
獲得していけるため、劇症化(急激に症状が悪化すること)は
避けられるが、Kを飛ばしS→Gと感染した場合は
ADE(交代依存性感染増強)が起こる可能性があると
著書の上久保先生は指摘しています。

ADEとは本来ウイルスなどから体を守るはずの抗体が、
逆にウイルスへの感染を促してしまうことです。
ADEが起こってしまうと一気に症状が悪化し、
死に至ります。

仮にS型をもとにワクチンをつくり接種し、G型に感染した場合、
ADEを促してしまう可能性があり大変危険だとのことです。

だからと言ってG型からワクチンをつくった場合も、
現在もすでに変異が進んでいるため同じように
ADEのリスクが大変高いと指摘しています。

また弊社顧問医師の三好先生は、
血液にワクチンを接種しても抗体が粘膜へは移行することは
できないため、感染を防ぐ効果は無いと指摘しています。

これは厚生労働省にも確認済みで、インフルエンザの場合
この形式のワクチンなので、政府は実質
「インフルエンザワクチンに効果は無い」と認めています。

また近年では遺伝子組み換えワクチンなども開発されており、
正直ワクチンの接種には恐ろしさしか感じません。

もしワクチンの接種が義務化してしまえば何をやっても
避けることができないため、私自身もしっかりと義務化は
反対であるということを政府にも訴えていく必要があるなと
考えています。

ワクチンが期待できないとなれば、
治療薬はどうかという話になると思います。
しかし残念ながら新型とはいえコロナウイルである以上
これも期待できません。

現在巷に風邪薬があふれているため風邪のウイルスを直接
撃退するようなクスリがあると思っている人も多いと思いますが、
そのようなクスリは存在しません。これは医学界では常識なようです。

適当に市販の風邪薬の薬効を確かめてみてもらえばすぐに
分かります。

「せきを止める」「鼻水を止める」「熱を下げる」といった
諸症状にそれぞれ作用するようなクスリしかありません。

そして新型コロナウイルスもコロナウイルス、つまり一般的な
風邪の一種であるとわかった以上、コロナウイルスに直接効く
ような治療薬の開発も残念ながら見込めないと思われます。

また治療薬にはリスクが伴います。
例を挙げるとスペイン風邪に使用されたアスピリンです。

基本的に治療薬は病気と診断されたら使うことが普通ですが、
治療学と薬剤疫学を専門とされている内科医 浜六郎医師は
アスピリンの使用と不使用が比較できる調査が
少数ながらあったと述べており、その結果を公表しています。

一般市民の治療で、アスピリン不使用では575人中死亡は1人(0.17%)
あったが、アスピリンが用いられた大学病院では294人中15人(5.1%)が
死亡し たとの報告があった。また他にも、軍隊では、アスピリンなしでは
死亡は3%未満、アスピリン使用で20%が死亡したとの報告がある。

また当時の方たちからは、アスピリンを使うほど 「治りが遅い」あるいは
「死亡が多い」との印象が異口同音に語られていたそうです。

ついでにここでコロナウイルス感染時に使われる解熱剤
カロナールの取扱いについて記載されている添付文書の
リンクを張っておきます。

https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00063312.pdf

重大な副作用の欄には
「ショック、アナフィラキシー、
中毒性表皮壊死融解症、喘息発作の誘発、
劇症肝炎、顆粒球減少症、間質性肺炎、
間質性腎炎、急性腎不全」
と書いてあります。

ちなみにアスピリンの重大な副作用はこんな感じです。
「ショック、アナフィラキシー、出血、
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、
はく脱性皮膚炎、再生不良性貧血、血小板減少、
白血球減少、喘息発作、肝機能障害、黄疸、 
消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍

ここまでリスクを負わなければならないクスリを
服用するのは避けたいと思ってしまいます。

クスリの作用や副作用は簡単にネットで調べられるので、
クスリを服用している方は自分の飲んでいるクスリが
どういったものなのか把握しておくとよいのでは
ないかと思います。

なんにしても医薬品にはこういった副作用が必ずありますので、
コロナで苦しんでいるように見えて、じつはクスリの副作用だった。
なんてことは確実にあり得ます。

新型コロナにおいてはサイトカインストームによる
間質性肺炎が多く報告されていますが、もしかすると…。
なんてことも考えてしまいます。

〇コロナウイルス死者数の増加量はつるべ落とし的に減っている

下の図は国別の人口100万人当たりのコロナウイルスの死者数です。
どの国も基本的に3月~5月の間に物凄い勢いで死者数が増加し、
そこから先は一気に死者数が増えなくなっていることが分かります。


↑この図はヨーロッパだけを抜き出したものです。


こちらは日本(緑)と世界平均(水色)と中国(黄色)を
抜き出したものです。

やはり5月くらいからスコーンと落ちているのが分かります。
ただ中国だけはデータに大きな違和感があります。

実は世界各国からも中国に対し「死者数が少なすぎるのでは?」
という指摘がありました。しかも途中からありえない程一直線です。

また武漢の医師から「新型コロナウイルスの感染が確定していても
入院出来ず亡くなった人は、死因に肺炎や新型ウイルスなどの病名を
書いてはいけなかった」「指示を受けたのは2月。4月18日に感染者
ゼロが発表されるまで続いていた」との証言があります。

また新型コロナの名前を隠したまま火葬場などに感染の事実を
伝えるため、「直ちに火葬」という言葉が暗号として使われたと
いいます。

公表されている武漢市の死者は3869人ですが、医師は
「私の感覚だと“0をもう一つつけた方がいい”と思う」と述べ、
実際の死者数は数万人に及ぶと指摘しました。

また規制が緩和された後に武漢の火葬場に遺骨を引き取る親族らの
長い行列ができ、その画像がネット上にアップされましたがすぐに
削除されたとのことです。

以上のような情報から中国の情報はちょっと信用できないのではと
私は考えています。

また武漢にウイルス研究所がありそこから漏れたのでは?
などという情報もありますが、全然あり得ると思います。

あくまでも私の考えではありますが、このような背景を鑑み、
やはり新型コロナウイルスは普通のコロナウイルスではない
不自然なウイルスであると思います。

ただ、参考書籍ではこの中国のデータも正しいものとしております。

重く暗い世界の闇を垣間見るよう内容になってしまいましたが、
話を戻しまして、世界的につるべ落とし的に死者数が減ってきて
いるのは事実です。データを見れば明らかです。

このデータとご自身の研究から上久保先生は世界的に人々が
免疫を獲得したと予測できると述べています。

またコロナウイルスが弱毒化したからであるという意見も
ありますが、書籍で上久保先生は自身の研究より
「ウイルスは弱毒化しない。あくまでも人々が免疫を獲得
したかどうかでしかない」と述べております。

真偽は分かりませんがピークを過ぎると一気に死者数が減ることと、
世界的に新型コロナウイルスの影響が少なくなってきているのは
事実だと思われます。

ただ、私個人としては風邪の本番は冬の寒くなった時期だと
思うので、今年の年末から来年の春ごろまでの寒い時期に、
世界的にどのような推移をたどるかが最も重視するべき
ところなのでは無いかと思います。

逆に言えばその期間も死亡者数が増加しなければ
ある程度新型コロナは終息したと言えるかもしれません。

〇日本においての現段階での死者数

本日2020年10月18日の段階で発表されている
新型コロナでの死亡者数は1670人となっています。

テレビでは専門家が恐怖をあおるように、
「このままでは日本での死者数は数十万人に達する」などと
言っていますが、少なくとも現段階での日本の
死者数はこのような感じです。

もちろん大々的な感染症対策が功を奏している
部分もあるかと思います。

が、それにしても予測と差がありすぎます。
専門家の方々のリスク計算が相当ずさん
だったのではないかと思えてしまいます。

また厚生労働省は6月18日付で新型コロナウイルス陽性反応が
出た場合、病理所見で他の死因とされる場合もすべて新型
コロナ死亡者数に加算するように指示がされています。

また上久保先生は「3月くらいまではかなり正確な情報だったが、
それ以降はかなり不明瞭になってきている」と述べています。
状況から鑑みるとこの数字もかなり水増しされたものと判断できます。

これは日本においての話ですが、世界的にも同じような
状況である可能性は考えられます。

特にヨーロッパやアメリカでは今回の新型コロナが
相当猛威を振るったためかなり保守的な、偏った判断が
下されている可能性もあるのではないでしょうか。

先に年末から春頃までに増えなければと述べましたが、
このような状態が続けば正確な情報が得られず、
終息したかしていないかの判断が正確に行えません。

フランス政府は10月14日に2度目の「公衆衛生上の
非常事態」を宣言しました。

こういった対策は必要かとは思いますが、
そのような中でも冷静さを失わず正確な情報を
発信するよう努めてほしいと切に願います。

〇PCR検査の乱立

PCR検査というものは本来病気の症状が出ている人に
対して、本当にその病気であるかの裏付けをとるために
用いられていたものです。

検出感度は高いのですが、ただ暴露しているだけでも
陽性になってしまいます。暴露しているだけというのは
ウイルスがくっついているだけということです。

この暴露しているウイルスは失活(死んでいるような状態)の
場合もあるし、暴露していても感染はしていない場合もあります。

例えば机に対してPCR検査を行ったとして、
そこにウイルスが存在すれば陽性になります。
実際に感染していることと暴露していることは
完全に別のことです。

それこそうがいでもすれば洗い流されてしまうかもしれませし、
もし多少残ったとしても感染する前に体の免疫機能が排除して
しまうかもしれません。

また感染後に症状がなくなり治っていてもウイルスが体から
完全に消失するまではには時間がかかるためPCR検査では
陽性と陰性を繰り返すことになる場合があります。

さらには偽陽性や偽陰性もあります。
全然無症状で暴露も感染もしていないのに陽性になって
しまう場合や、逆に高熱や咳、肺炎の症状が出ていて
確実に感染しているのに陰性になってしまう場合もある
ということです。(もちろん別のウイルスや細菌に
感染している可能性もありますが)

しかも検査キットは様々なメーカーから出ていて
検出精度もまちまちで基準なども設けられておらず、
さらにかなり複雑な手順が必要にもかかわらず
検査技師の訓練がされているかも分らない状況です。

これを絶対的な値として感染者数とカウントするのは
かなり無理があると言わざるを得ません。

もちろん多大なリスクがある以上、慎重な判断を下すことは
必要であるとは思いますが、このような状態では正確な情報が
得られないのではないかと思います。

田舎の農村部で、その地方で初めてコロナに感染と診断されて
しまった方が、周り人々の非難に耐え切れず自殺してしまった
という事件が多数あります。

しかし自殺してしまった方は本当に感染していたのでしょうか。
もしかすると上記のとおりPCR検査での偽陽性であったかも
しれません。

もしPCR検査が絶対的なものではないという認識が
世間にあれば、このような痛ましい事件は起こらなかった
可能性もあるのではないかと思います。

「PCR検査」と「感染の診断をする」間にもう一つ過程が
あってもよいのではないでしょうか。

入院して直ちに治療を始めるのではなく、仮に入院するにしても
症状が軽ければ、何かがあった場合いつでも対応できるような状況を
確保し、一定期間ごとに再度PCR検査を行いつつ様子をみる、
などといった対応も考えられるかもしれません。

このような非常時であるからこそ理性的で冷静な判断が求められる
のでは無いかと思います。

〇コロナウイルスの渦中に

このコロナ禍中に様々な法律改正の審議が進められています。
6月には「家畜伝染予防法の施行規則省令」の「放牧禁止」案があがりました。

私もパブリックコメントを募集中に禁止反対について書いたコメントを
政府に提出しましたが、このコロナ禍の間にニュースなどではほとんど
取り上げることなく、十分な議論もないまま牛、豚、羊の放牧禁止を決定
しようとしていました。

しかしこの放牧禁止は、施行規則省令から削除されることとなりました。
パブコメ翌日の審議会での異例の決定でした。

これまでにはないほどにパブコメで反対の意見が
殺到したことに農水省も驚いたようです。

また5月には検察官の定年延長法案の審議がありましたが、
これも中断されました。

上記2つの法案は市民の活動によって今回のところは防ぐことが出来ましたが、
逆に知らぬ間に通ってしまった法案もあります。

化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)において無添加の石けんの
原料成分(脂肪酸ナトリウム・カリウム)が有害物質に指定されて
しまったのです。

無添加せっけんに含まれる脂肪酸ナトリウム・カリウムは合成石けん
使用されるような化学物質とは違い、微生物に大変分解されやすく、
河川でほぼ分解されることが明らかであり、この物質が河川や海で
検出されたことはなく、指定要件を満たさないにも関わらずです。

このことは弊社でも取り扱いのあるシャボン玉石けん様の
友の会だよりで知ったのですが、私自身意見書なども出せず、
知らぬ間にこのような法案が通ってしまったことに
とても歯がゆい思いをしています。

そして今月26日に開かれる臨時国会でいよいよ
種苗法改正案について審議されます。

先の国会では、検察官定年延長の法案に続いて種苗法改定案も
異例の先送りとなりましたが、今回どうなるかはとても心配なところです。

以前にも種苗法改正についての記事を書かせていただきましたが、
この辺りもしっかりと注視していく必要があるのではないかと思います。

改めて私の尊敬する元農林水産省大臣の山田正彦氏のブログのURLへの
リンクを張らせていただきますので、ぜひご覧いただければと思います。

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/

検察官定年延長の法案審議中断、放牧禁止の削除、種苗法改定案の
先送りなどはすべてSNSなどによる一般市民の情報拡散により
世間の関心が高まり沢山の意見が寄せられたことが大きな理由として
挙げられます。

一方無添加の石けんが不条理にも有害物質に指定されてしまったのは
世間への周知が不十分であったことも一因であると思います。

今世間を騒がせている新型コロナウイルスだけに気を取られることなく、
未来に大きな影響を及ぼす重要な法案の改正などについても、
私たち国民はしっかりと注視し、それが理不尽である場合は政府や、
あるいは世間にも声をあげていく必要あるのではないでしょうか。

(つづきます)

ナチュラル・ハーモニーの宅配 石川 裕貴

関連記事

よく読まれている記事