【3/11 17時受付〆】ササニシキのルーツ 自然栽培米5種セット 限定販売!! | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5235]
  public 'term_id' => int 36
  public 'name' => string 'SALE・キャンペーン・出店・他' (length=40)
  public 'slug' => string 'overall' (length=7)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 36
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 76
  public 'count' => int 25
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '4' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 36
  public 'category_count' => int 25
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string 'SALE・キャンペーン・出店・他' (length=40)
  public 'category_nicename' => string 'overall' (length=7)
  public 'category_parent' => int 76

イベント情報

その他食品・飲料SALE・キャンペーン・出店・他

【3/11 17時受付〆】ササニシキのルーツ 自然栽培米5種セット 限定販売!!

2018.03.8

  • ほとんど市場に流通しない希少な旧品種5つのお米の詰め合わせ
  • ササニシキの元になったお米を全国の作り手から集めました!
  • すべて肥料・農薬をつかわない自然栽培・自家採種されたお米です!
  • ササニシキ2合のおまけ付き♪

 


ササニシキのルーツ自然栽培米5種セット

日本人の主食であるお米。縄文時代に大陸から伝わり
長い歴史の中で多くの手を介して育種が繰り返されてきました。
今では国内ほとんどの場所で、様々なお米が育てられるようになりました。

気候や栽培技術・味の流行の変化により育てられるお米も様々変わり
昔の品種を目にする機会はほとんどありません。
今スーパーに並んでいるお米は戦後に生まれたお米ばかりです。

しかし、古くからのお米を大切に育てている人たちもいます。

自然栽培に取り組む作り手の多くは
今のように肥料や農薬があまり流通していなかった頃のお米を
好んで育てる傾向にあります。
それは、肥料や農薬が普及していなかった時代を
力強く生き抜いてきたお米のほうが自然栽培と相性が良いから。

過度に品種改良されていない時代のお米は
粒張りの良いたくましさと、素朴で優しい味わいを感じることができます。


そんなお米を楽しんでいただける
「ササニシキのルーツ自然栽培米5種セット」をご用意しました!
ササニシキは1963年に宮城県で生まれた、私たちが最もお薦めしているお米です。

自然栽培の「ササシグレ」「亀の尾」「農林8号」「朝日」「農林22号」の5品種を
白米もしくは玄米のセットでお届けします。
今回は、ササニシキ2合もおまけでお付けします♪

これらのお米は毎年入荷量が限られているため
普段なかなか品種ごとにお求めいただけるチャンスがありません。
とてもマニアックな(笑)組み合わせでお届けできるのも
風土に根ざすいのちを追求する作り手の情熱があるからこそ。
ぜひこの機会にお試しください!


5つのお米と作り手の紹介

「ササシグレ」宮城県色麻町  浦山 登一郎さん 

 ササシグレの名称は、宮城県の民謡「さんさ時雨」に由来します。1950年~1960年頃まで東北地方で盛んに栽培されていました。しかし味が良い米であると同時に「いもち病」にかかりやすいことや、倒伏しやすいなどの理由で、しだいに栽培する生産者は減っていきました。その後、東北にもう一度その味を復活させようという活動があり、2014年3月、再び宮城県の産地品種銘柄として設定されました。 
 浦山さんは、いったんは外で就職したものの、父親に憧れて就農し自然栽培をはじめました。4年目を迎え、ますますやりがいに満ちている若手生産者です。

 

 

「亀の尾」山形県鶴岡市  佐久間 優さん

 1893年、小作人だった阿部 亀治が、冷害にあった田んぼから元気に実を結んだ3本の稲穂を発見します。この籾を原種とした品種が亀の尾となります。酒米としても有名なお米ですが、粘りとは違う、しっかりした食感とさっぱりした後味が魅力です。
 佐久間さんはお米とぶどうを自然栽培で育てる生産者。「子どもたちのためにも、環境のためにも種を残し守らないといけないですね」。作物を観察し続け、シンプルな生き方を学んだという佐久間さんの亀の尾です。

 

 

「農林8号」兵庫県三木市  畑 匡昭さん 

 1937年に兵庫県で生まれたお米。葉いもち病抵抗性が強く、他の品種を圧倒して普及したばかりでなく、食味がとても良いためその後に育成された多数の品種の母系のお米として、実に20回以上も利用されました。
 生産者の畑さんは、食味に加え、世の中に化学肥料や農薬が多く出まわる以前の品種を栽培したいという目的でこの品種を選んだそうです。

 

「朝日」山口県防府市  石田 卓成さん   

 「朝日」の歴史は古く、大正時代に岡山で確立された品種といわれています。東は「亀の尾」、西は「朝日」が美味しいお米の代表品種といわれ、現在流通しているお米の多くは、この2品種をもとに改良がされています。穂が倒れやすいため、現在では生産する農家は多くありません。程よい粘りと歯ごたえが特徴で、良食味米として食のプロから需要も多く、いまなお味の信頼が根強いお米です。
 元々消防士だった石田さんは、耕作放棄された田んぼの管理を依頼されたことをきっかけに、農業に携わるようになりました。いまの夢を持てない農業の構造を変えるために、農業委員に、そして市議会委員に挑戦しています。

 

 


「農林22号」山口県防府市  石田 卓成さん 

 1948年兵庫県生まれ。コシヒカリの親となったお米ですが、背丈があり倒伏しやすく機械化の栽培に向かないため、栽培されなくなりました。
 粒は少し大きめでさっぱりした味わい。粒にハリとコシがあり食べ応えがあります。料理にあわせやすいオールマイティなお米です。

 


 

ササニシキのルーツ自然栽培米5種セット 商品詳細

ササニシキのルーツ自然栽培米5種セット
「ササシグレ」「亀の尾」「農林8号」「朝日」「農林22号」
各900g(6合)×5 総量4.5kg

下記を必ずお読みいただき、お申込みください。
価格は「消費税」「送料」「代金引換手数料」込みとなります。

自然栽培米5種セット〈白米〉:税込販売価格¥8,000
自然栽培米5種セット〈玄米〉:税込販売価格¥7,500

 

※北海道・九州へのお届けは¥400、
沖縄は¥1,100上記お品代に加算させていただきます。

 

[注文期間]

3月9日(金)〜3月11日(日)17:00

※数に限りがございます。注文数が上限に達した場合、11日17時よりも早く締切とさせていただく可能性があります。予めご了承ください。

[お届け日]

3月18日(日)もしくは3月19日(月)

※配送日及び配送時間帯はお申込みページからお選びいただけます。
※四国・中国・東北の一部地域で時間帯指定に制限があります。
※北海道・九州・沖縄は上記【お届け日】の翌日の到着となります。(離島の場合、さらに到着が遅れる可能性があります)
※ヤマト運輸・常温便にて配送いたします。

[商品に関してのご注意]

※米袋に番号を表記して銘柄がわかるように区別しています。理由は、品種の証明を受けられるのは「産地品種銘柄」に該当する品種のみで、それ以外の品種は証明を受けることができないからです。今回販売するお米の一部は、生産地県の「産地品種銘柄」ではないためお米の袋には品種を表記することができません。私たちは作り手が自然栽培を継続するため、田んぼに合ったお米を選び自家採種を続ける取り組みを応援したいと考えています。表記できないことでご不便をおかけするかもしれませんが、ご了承ください
※単一の原料を使用しているという証明が受けられないため、表記が「複数原料米」となります。お米をブレンドしているという意味ではありません。

[支払い方法]

「代金引換」お品代は受け取り時にヤマト運輸のドライバーにお支払いください。

[お米の保存方法について]

※現在の高気密・高断熱の住宅では気温が高すぎるため、お米の保存に向きません。常温なら10日程度、冷蔵庫で保管する場合でも1ヶ月を目安にしてください。できれば密封できる保存容器に移して冷暗所で保存し、なるべく早く食べきるようにしてください。

[品質について]

万が一、品質に問題があった場合は下記の「ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート」までご連絡ください。該当商品の代品をお送りします。

[キャンセル・変更に関して]

ご注文をキャンセル・変更する場合は、下記の「ナチュラル・ハーモニーの宅配 お客様サポート」までご連絡ください。キャンセル・変更の受付締切は、3月11日(日)17:00までとなります。締切以降のキャンセルはいかなる理由でもお客様の全額ご負担となります。予めご了承ください。

[本件についてのお問い合わせ]

株式会社ナチュラル・ハーモニー
「ナチュラル・ハーモニーの宅配」お客様サポート
Tel:043-440-8566 (10:00〜17:00 土曜は留守番電話対応)
Mail: takuhai@naturalharmony.co.jp

関連記事

よく読まれている記事