【11/14】木の育成からチョコレートまで あなたの知らないカカオのお話 パカリチョコレート・テイスティングセミナー【オンライン講座】 | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[6133]
  public 'term_id' => int 77
  public 'name' => string '教室・ワークショップ' (length=30)
  public 'slug' => string 'workshop' (length=8)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 77
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 76
  public 'count' => int 179
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '2' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 77
  public 'category_count' => int 179
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '教室・ワークショップ' (length=30)
  public 'category_nicename' => string 'workshop' (length=8)
  public 'category_parent' => int 76

イベント情報

プランツ(横浜)教室・ワークショップ

【11/14】木の育成からチョコレートまで あなたの知らないカカオのお話 パカリチョコレート・テイスティングセミナー【オンライン講座】

2020.10.2

カカオはフルーツってご存知ですか?

みんなが大好きな「チョコレート」の原料と言えばカカオですよね。
そのカカオ、実はフルーツなのです。

2000年代後半頃からアメリカで大きなムーブメントを起こし、数年前から日本でもよく聞かれるようになった「Bean to Bar」。
カカオ豆の買い付け・選別・焙炒から、チョコレートの製造を一貫しておこなう手法のことで、カカオ豆本来の味が、より強く残るチョコレートになる製法という事で人気を集めてますよね。

今回、その「Bean to Bar」より更に範囲を広げ、カカオの産地エクアドルで、カカオの生育から原産地でチョコレートになるまでを一貫して製造する「Tree to Bar」という製法で作っている
「Pacari」社の輸入総代理店である(株)カリフ・ジャポンより町田英亮さんをお招きし、パカリチョコレートができるまでの工程や農家さんとの取り組み、一般的なチョコとの違い、
カカオの品種や作り方の違いによって生れる味の比較、フレーバーチョコの魅力を、講座開催前にお送りさせていただくパカリのチョコレートをテイスティングしていただきながら、
資料にてご説明いたします。


お送りするチョコレートはシングルオリジンアリバカカオのエスメラルダ60%・シングルオリジンペルーホワイトカカオのピウラ70%アリバの3つの産地をブレンドして作るアリバカカオのロー70%(通常の焙炒はしていないため、生に近いチョコ)・ローズ・ミント・ソルト&ニブの6種類(各10g×6種類)。
本物のチョコレート作りに取り組む「Pacari」社のチョコレートには稀少なカカオの原種「アリバ種」のカカオ豆を使用しています。

そして、カカオがフルーツだというのをより強く感じられるカカオの果肉部分「カカオパルプピューレ」付きのセットも数量限定ですがご用意しております。
甘味と酸味の絶妙なハーモニーに濃厚な果肉の食感が一度食べるとクセになる絶品です!
(そのまま飲んでも、スムージーなどに使用してもOK!)

カカオというフルーツの魅力が満載!

新しいチョコレートの世界が広がること間違いなしです!


■パカリチョコレート

Pacariチョコレートは、エクアドルのチョコレートの歴史を変えるためにサンティアゴペラルタとカーラによって2002年に設立された家族経営の会社です。かつてエクアドル産のカカオはそのほとんどが海外に輸出され、どの様に加工されるか農家の人々はほとんど知りませんでした。2人は農家の人たちとカカオの栽培を学び、良いカカオを育てることから始めました。それから自らの手で加工し純自国産のチョコレートを作りあげたのです。2人が始めたこの事業はフェアトレードの精神にも基づくものでありエクアドル及びラテンアメリカそして業界にも革命をもたらしました。Pacariは地元の言葉(ケチュア語)で「自然」を意味します。それは天然100%オーガニックチョコレート(*)であることを表し、地球そして自然から生まれたからこその最高の製品であることを意味します。

*日本の有機JAS認証は取得していません。

http://www.pacarichocolate.jp

 

 
<開催概要>

■日時:11月14日(土)  13:30~15:00 

■定員:50名

■開催:オンライン講座
ZOOMというアプリケーションを使い、お手持ちのPCやスマートフォンの画面で、インターネット上で講師と参加者を同時につなぎます。
講義は、事前に送られてきたチョコレートをご自宅で味わいながら聞いていただけます。
リンク先のプランツネット(弊社オンラインストア)よりご購入いただいた時点でお申込み完了になります。

■ご参加費:
・一般 3,500円 ※テイスティング用チョコレート6種付き・配送料込
(イベント開始前までにご自宅に送付させていただきます)

・カカオピューレ付き 5,800円 ※チョコレート6種・カカオピューレ付き・配送料込

■お申し込み:下記リンク先のプランツネットにてご購入ください。
https://www.nh-plants.net/shopdetail/000000001747

※オンライン講座はリンク先のオンラインショップ「プランツネット」での決済が完了した時点でお申込み完了となります。
オプション内の開催日時を設定し、お申込みをお願い致します。

■講師:町田 英亮(パカリ輸入元)
エクアドル発「Pacari」チョコレートブランドの輸入総代理店である(株)カリフ・ジャポンで営業マンとして全国へPacariの活動を紹介しています。
小売用商品の他に業務用のクーベルチュールなど名高いパティシエにも使って頂いています。また、チョコレートメランジャーという製造マシンの販売もされています。

※講座中、何種類かチョコを食べ比べますので飲み物のご用意を推奨しております。
チョコに合わせるドリンクとして、時期的にもHot「珈琲」「紅茶」「ハーブティ」をお勧めしております。
シンプルに味わいたい場合は、「ミネラルウォーター」がベスト!
そして、お酒を飲みたい方は「日本酒」や「ウイスキー」も美味しいです

例えば、講習中のドリンクはしっかりと味を比べるために「ミネラルウォーター」で、講習後に残ったチョコを食べるときにお飲み物をご用意いただけると、より一層お楽しみいただけるかと思います。

■お問い合わせ:
ナチュラル・ハーモニー
ワークショップ担当
mail:school@naturalharmony.co.jp
tel:050-5213-1941
(営業時間:10:00~17:00/土・日曜定休)

関連記事

よく読まれている記事