【新商品】ナチュラル・ハーモニーの「白だし」ができるまで(2) | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5250]
  public 'term_id' => int 13
  public 'name' => string '商品情報' (length=12)
  public 'slug' => string 'product_information' (length=19)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 13
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 2
  public 'count' => int 86
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '6' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 13
  public 'category_count' => int 86
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '商品情報' (length=12)
  public 'category_nicename' => string 'product_information' (length=19)
  public 'category_parent' => int 2

商品情報

商品情報

【新商品】ナチュラル・ハーモニーの「白だし」ができるまで(2)

2017.11.27


新しいオリジナル商品「白だし」を来月12月に発売することになりました。
新商品「白だし」ができあがるまでの試行錯誤を3回にわたってお届けします。
前回(1)はこちら

ナチュラル・ハーモニーの「白だし」ができるまで(2)
「つくり手について」

新発売する「白だし」を仕込んでもらったのは、
愛知県碧南市にある七福醸造株式会社です。
ナチュラル・ハーモニーのオリジナル商品「蔵の琥珀」白醤油も
製造していただいています。
自然栽培の原材料と自家採取した天然の麹菌をつかって
製造を行うメーカーは、そう多くはありません。
そんな稀少な存在の七福醸造をご紹介します。

○理想を追い続ける大手メーカー

昭和26年創業。今から約40年前に、
日本で初めて「白だし」を世に出した会社です。
より良い商品を届けるため、
2000年から原材料と製法にこだわる経営に方向転換しました。
2002年には、「白醤油」として日本で初めて有機JASの認証も取得しています。

まずは原料の5%をより品質のいいものにと、
一度に原材料を変えたことがありました。
すると、販売先の料理店などから味が変わったとクレームが殺到。
大きなメーカーだからこそ、
全ての原材料と製法をすぐに変えることは簡単ではありません。
そこで、25年かけて毎年1%ずつ理想の商品に近づけていく方針を
とることになったそうです。
粘り強く、より良いものを目指そうという誠意を感じられるメーカーです。

○最も苦労したのは「蔵付き麹菌の自家採取」

そんな七福醸造が、「蔵の琥珀」を仕込む際、
最も苦労したのは「蔵付き麹菌の自家採取」でした。
現在ほとんどのメーカーが醗酵食品を醸造する際、
市販の種麹を購入して使います。
それを自家採取するには、蔵や室を用意し、
穀類などに自然に麹菌が発生する状況を整えて自分たちで採取します。
また、発生した麹菌を実際の仕込みに使用できるものかを見極め、
育てる技術も欠かせません。
採取に適した時期は夏の最も暑い時期だけに限られているため、
このタイミングを逃すとまた1年持ち越しになります。

試行錯誤と研究による月日を重ね、
ようやく安定した麹菌が採取できるようになり、「蔵の琥珀」が完成しました。
代表の犬塚 元裕さんいわく、
「自家採取の取り組みで3年以上かかりました。
原材料費もあるし採算が合わないというのが正直なところですが、
白だしを初めて世に出したものとして本物を提供する責任があります。
今はすべて理想の商品に変えることはできませんが、
将来向かうべき場所を示すためにも、作り続ける意義があります」

○親の立場として世界中の子どものことを考えた商品づくり

また、企業理念としても掲げていることに、
「世界中の子ども・子孫にとってよいことかどうか」を判断基準にしています。
自分が親の立場として、
「自分の家族・子ども・孫にまで、自信をもって食べさせたいと思うかどうか」
ということを常に念頭においているそうです。
その根底には「日本中で誰もやっていない理想の商品を先駆けてつくっている」
という信念があります。

親のようなあたたかな優しさと真正直に取り組むからこそ生まれる商品への誇り。
本物の商品をつくる人は、本物の気持ちをもっていると言えます。
よりよい商品を作るために意欲的に取り組んでいるメーカーと共に、
私たちも自然栽培や天然菌で醸された醗酵食品が当たり前になる世の中にむけて、
互いに励まし合い、向上していきたいと思います。

販売開始は12月です。
今しばらくお待ちくださいませ。

次回は、「いよいよ新商品発売!」について詳しくご紹介します。

ナチュラル・ハーモニーの「白だし」ができるまで(3)「『白だし』販売スタート」

前の記事
★ナチュラル・ハーモニーの「白だし」ができるまで(1) https://naturalharmony.co.jp/osusume201712_01/

関連記事

よく読まれている記事