俺のナチュラルDays「メラミンスポンジの安全性はどうなの??」 | ナチュラル・ハーモニー
/home/users/1/naturalharmony/web/naturalharmony.co.jp/wp-content/themes/cptheme/single.php:18:
object(WP_Term)[5934]
  public 'term_id' => int 29
  public 'name' => string '暮らしのこと' (length=18)
  public 'slug' => string 'lifestyle' (length=9)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 29
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 27
  public 'count' => int 36
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '3' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 29
  public 'category_count' => int 36
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '暮らしのこと' (length=18)
  public 'category_nicename' => string 'lifestyle' (length=9)
  public 'category_parent' => int 27

きほん情報

暮らしのこと

俺のナチュラルDays「メラミンスポンジの安全性はどうなの??」

2017.12.21

ナチュラル・ハーモニーのスタッフ「俺」が
男のガチンコナチュラルライフの日々をつづります。

今回は、ある日の社内のチャットルームでの
スタッフ同士の会話より。

**************************************************************************

「メラミンスポンジの安全性はどうなの??」


※「激○ちくん」(某メラミンスポンジ)

【女性スタッフの発言】

トイレや台所の掃除に「激○ちくん」を多用している現状ですが、
あれって環境ホルモンバリバリで、
使った水を流すと海や川に影響があって、
魚がオスしか生まれなくなると聞いたことがあるのですが。
極力使わないほうが良いとおもいます。

【男性スタッフ(マニア)の発言】

激○ちくんの材質はメラミン樹脂を発泡させた物質ですね。
メラミン樹脂は最も硬い樹脂として
家具の塗装や食器類に使われていますが、
原料としてメラミンとホルムアルデヒドを反応させて作ります。

ホルムアルデヒドが環境ホルモンとして取り上げられていますが、
両方を直接反応させて作っているのではなく、
樹脂として安定している状態なので、
使い方を気をつければ環境ホルモンという観点では問題なさそうですが、
一方では、マイクロプラスチックとして海洋汚染につながる可能性もありますので、
結論としてはおすすめはしないです。

ホルムアルデヒドは遊離して高濃度で気化した状態が極めて危険ですが、
自然界にもあり、乾燥しいたけなど多くの食品にも含まれる物質です。
さらにホルムアルデヒドはメチルアルコールが酸化した物質ですので、
アルコール飲料など特にビールなどには含有されているものです。

樹脂化したものは、強い化学反応を起こすような条件でなければ
問題ないと思います。

条件は

 ①高温95℃以上のお湯と使わない
 ②強酸性の洗剤と併用しない
 ③強い紫外線などの環境下に置かない

この使い方であればまず溶出することはないと思います。

一方で、メラミン樹脂スポンジは、とても硬く汚れをを落とす力が強いですが、
基本的に削り落とすことになるので相手側が傷つき、スポンジ自体も削れていきます。
削れたスポンジも掃除された側もマイクロプラスチックとなって流れ出し
下水道処理場でも完全には除去されずに海に流れ出すという問題が
いま取り沙汰されています。

ふだんは目に見えないくらいの小さな粒ですが、
スポンジに限らずに世界中の様々なプラスチック製品が
長年毎日毎秒、そのように流出し続けていて、
それらが自然に還ることなく溜まり続けることを考えると、
ささやかながらもその発生源になることは避けたいと、個人的には思います。

**************************************************************************

以上、日常会話の中でも学びがいっぱい、ナチュラル・ハーモニーの一幕でした(笑)

関連記事

よく読まれている記事