ナチュラルな暮らしを楽しむWEBMAGAZINE | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5183]
  public 'term_id' => int 57
  public 'name' => string '前菜・サラダ' (length=18)
  public 'slug' => string '%e5%89%8d%e8%8f%9c%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80' (length=54)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 57
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 56
  public 'count' => int 8
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '1' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 57
  public 'category_count' => int 8
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '前菜・サラダ' (length=18)
  public 'category_nicename' => string '%e5%89%8d%e8%8f%9c%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80' (length=54)
  public 'category_parent' => int 56

レシピ

前菜・サラダ

わたしのレシピ「山形だし」

2017.07.14

思い出に残る母親の手料理、映画で見た憧れの一皿。
人生を彩る自分だけのレシピを紹介します。

山形だし

  山形県出身ではありませんが、好きな野菜がたっぷりいただけるのと、火を使わずにできるのでよく作ります。以前小布施茄子で作った時、皮から出る旨みにとても驚いたことがあります。 一晩寝かせると、さらにひと味コクが増します。
 アレンジで、カットしたトマトや長芋・枝豆を加えても。ごはんの他に、お豆腐や素麺にかけて楽しむこともできます。さらりといただける食事で、夏を元気に乗り切りたいですね。

●材料(2人分)

きゅうり
茄子
茗荷
おくら
大葉
しょうが
がごめ昆布
〈漬け汁〉
醤油
みりん

甘酒
1本
1/2個
1個
2本
5枚
1/2かけ
大さじ2
 
大さじ1
小さじ1
大さじ1/2
小さじ1

 
 
●作り方
 
① しょうがと大葉は千切り、それ以外の野菜は5mm角にカットする。
② ❶にがごめ昆布を入れて混ぜる。
③ 漬け汁の調味料を合わせ、そこに❷を入れて混ぜる。冷蔵庫に1時間ほど置き味をなじませる。
④ 炊きたてのごはんにかけていただく。

image

このコラムを書いた人

吉田 悠夏

直営店勤務を経て、現在はレストラン・小売店の受注担当。いつか、作り手になりたいと思っています。何に関しても、美しいもの・感動することが好きです。土壇場になると発動する集中力が自慢☆

関連記事

よく読まれている記事