ナチュラルな暮らしを楽しむWEBMAGAZINE | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5183]
  public 'term_id' => int 57
  public 'name' => string '前菜・サラダ' (length=18)
  public 'slug' => string '%e5%89%8d%e8%8f%9c%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80' (length=54)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 57
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 56
  public 'count' => int 8
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '1' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 57
  public 'category_count' => int 8
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '前菜・サラダ' (length=18)
  public 'category_nicename' => string '%e5%89%8d%e8%8f%9c%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80' (length=54)
  public 'category_parent' => int 56

レシピ

前菜・サラダ

わたしのレシピ「ラタトゥイユ」

2017.07.14

思い出に残る母親の手料理、映画で見た憧れの一皿。
人生を彩る自分だけのレシピを紹介します。

ラタトゥイユ

 ラタトゥイユ。魅了してやまない料理のひとつです。イタリア料理だと思っていましたが、実はニースの郷土料理。南仏の光り輝く太陽で育つ野菜があったからこそ、この料理ができたのでしょうか。
 料理のコツは、それぞれの野菜を一品料理のイメージでソテーし、最後に和えることだそう。料理教室の先生である知人が教えてくれました。
 この夏、日・水・土の恵みを受けた野菜たちのある、彩り豊かな食卓を楽しみたいです。

●材料(2人分)

トマトソース
玉ねぎ
パプリカ
茄子
ズッキーニ
にんにく
オリーブオイル

ドライバジル
フレッシュバジル
100g
1/2個
1/3個
小1個
小1本
1片
適量
適量
適量
適量

 
 
●作り方
 
① にんにくはみじん切り、玉ねぎは粗みじん、パプリカ・ズッキーニ・茄子は乱切り。トマトソースは鍋に入れておく。
② フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかける。香りが立ったら玉ねぎ・塩を加えて透き通るまで炒め、❶の鍋に移す。
③ 玉ねぎ同様に、パプリカ・茄子・ズッキーニもそれぞれオリーブオイルをひいたフライパンで塩少々とともに炒める。途中でドライバジルを加えて混ぜ、❶の鍋に入れる。
④ ❶の鍋を弱火にかけ、食材をトマトソースで和えるイメージで混ぜる。10分ほど煮て味が馴染んだら、火からおろす。
⑤ 器に盛り、フレッシュバジルを添える。

image

このコラムを書いた人

吉田 悠夏

直営店勤務を経て、現在はレストラン・小売店の受注担当。いつか、作り手になりたいと思っています。何に関しても、美しいもの・感動することが好きです。土壇場になると発動する集中力が自慢☆

関連記事

よく読まれている記事