【3月のおすすめ】杉井酒造の日本酒・米焼酎 | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[6093]
  public 'term_id' => int 81
  public 'name' => string '醗酵食' (length=9)
  public 'slug' => string 'fermentedfood' (length=13)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 81
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 13
  public 'count' => int 26
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '2' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 81
  public 'category_count' => int 26
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '醗酵食' (length=9)
  public 'category_nicename' => string 'fermentedfood' (length=13)
  public 'category_parent' => int 13

商品情報

プランツ(横浜)醗酵食プランツネットwebショップ mai宅配

【3月のおすすめ】杉井酒造の日本酒・米焼酎

2021.03.8

外でお酒を楽しむ機会が減っている昨今、「おうち飲み」を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?
せっかく飲むなら、素材を生かして丁寧につくられた天然菌のお酒がおすすめ。

自然栽培米と天然菌で仕込んだお酒からは、素材のもつ旨みや市販のお酒では味わえないような生命力を感じられます。また、量を飲まなくても不思議と身体が満足するので、意外とコスパもいいんです♪

今回ご紹介するのは、自然栽培のお米と天然菌を用いて昔ながらの製法で丁寧に仕込んだ、静岡県藤枝市にある「杉井酒造」の日本酒と焼酎です。


〈蔵の宵 純米/ 純米原酒〉

食事と一緒に気軽に楽しみたい、という方には日本酒の「蔵の宵」がおすすめです。
麹と水の力で乳酸菌を増殖させて他の菌の発生を防ぎながら醸造する伝統的な「生もと」で仕込まれており、酸みと甘み・舌の上に豊かなコクが広がる芳醇な味わいが特徴です。

蔵の宵 純米
水(地下水を使用)で割られてアルコール調整を行っているため飲みやすさが特徴。キリッとした飲み口にさっぱりしたお米の旨みを感じながらも酸みの余韻が残ります。

蔵の宵 純米原酒
「生もと」で仕込んだ加水を一切行わない「原酒」。そのため、アルコール度数が高く濃厚な味わいになります。 酸みもありドライシェリーのような味わいです。

ストレートやロック・燗の他、アレンジを加えてカクテルのように楽しむことができます。
レモン果汁やソーダ、ストレートジュースで割るのもおすすめ。蔵の宵がもつ複雑なお米の風味・程よい酸みと合わさり、趣が違った味わいを楽しめます。

「ハイボール」
レモンをグラスに搾って氷を入れ、蔵の宵:ソーダを1:2 の割合で入れる。

「ソルティドッグ」
グラスの淵をレモン果汁で湿らせて塩を付ける。氷を入れ、蔵の宵:グレープフルーツジュースを1:2 の割合でグラスに注ぎ入れる。

※「蔵の宵 純米」を使った場合の分量。「純米原酒」を使用する際はソーダやジュースの量を調節してください。


蔵の宵ができるまで

自然栽培のお米を「生もと」で仕込みます。一般的に麹菌と酵母は培養されたものを購入することが多いですが、福井県越前市にある味噌蔵「マルカワみそ」の蔵から取り込んだ天然の菌を使い醸造しています。

■生もと仕込みについて
乳酸の生成を自然に任せる伝統の技。米を櫂棒(かいぼう)で摺りつぶす山卸(やまおろし)という工程を含め4週間ほどかけて行います。

誕生秘話

日本酒の起源は、稲作とともに弥生時代から始まったとも言われています。現代の酒造りは、品質を安定させるため培養されたものを添加する場合がほとんど。「速醸法」という人工的な環境の中で乳酸や副材料と呼ばれる調味料を用いて大量に生産することも広く行われています。

静岡県藤枝市にある杉井酒造は、地元のお米と水を使った酒を醸造しています。昔ながらの製法を守り、甑(こしき)をつかった蒸し米づくりや伝統的な「生もと仕込み」も行っています。六代目の杉井均乃介さんはこだわりの逸品を手がける杜氏さんでもあり、自分たちでも納得のいくおいしいお酒を造るために日々取り組まれています。「新しい切り口で酒造りをしたいと考えていた」という杉井さんは、私たちの自然栽培・天然菌の取り組みを、真剣に聞いてくださいました。

しかし天然菌による酒づくりは、醸造学の世界において認められていない異端な製法。あらゆる可能性を考慮し、素材の組み合わせを変えながら実験を繰り返し、その中でも「天然麹菌と自然栽培米」の組み合わせが最も良い相性だということが分かりました。
「蔵の宵」は、添加物はもちろん外部の菌を一切添加せず、天然の麹菌と自然に発生する乳酸菌・酵母菌によって醸し出された日本酒です。ほとんど前例のない難しい試みに挑戦した結果生まれました。「日本酒の新しい流れとなる狙い通りの自信作です」と杉井さんも語る、伝統的な製法でありながら、全く新しいお酒です。
お米本来の旨味や蔵に生きている菌を醸し出す匠の技を、どうぞお楽しみください。

〈米焼酎(山廃酒母仕込み)〉



ゆっくりお酒の余韻を楽しみたい方は、米焼酎がおすすめ。
自然栽培のお米を「山廃仕込み」という昔ながらの方法で丁寧に仕込んだ焼酎。
自然に蔵や桶に棲み付く菌たちの働きで、麹の糖分をアルコールに変える昔ながらの手法でつくった日本酒を熱して気化させたあと、冷却して再び液体に戻して蒸留する「単式蒸留方式」と呼ばれる方法を用いています。

この焼酎のこだわりは、関わる全ての菌が天然菌であること。そして 自然栽培のお米を贅沢に使っているということ。あっさりとした味わいの中にも 米の旨みが潜んでいます。 ひと口 もうひと口と飲むうちにとまらなくなる……。そんな魅力があります。

寒い日はお湯割りにしたり、時には梅干しを添えても。暑い日は氷をたっぷり入れてロックや炭酸で割ったりレモンを加えても爽やかにいただけます。
ルールやスタイルにこだわらず幅広い楽しみ方ができるのが 焼酎の魅力! お好きな飲みかたでお楽しみください。

あせらずじっくり醸す時と米の旨みが溶け合い生まれる 極上の一杯

透明なその液体は、グラスに注ぐとほとんど水のよう。ひと口含むと驚くほど複雑な味わいが押し寄せてきます。そして、後からじわじわと広がる余韻。甘み・酸み・辛み…。それらが合わさってその酒全体のイメージが浮かび上がります。

「米焼酎」は、口に含んだ直後は意外とあっさりした味わいに感じるかもしれません。しかし、その後広がるコク・余韻の素晴らしさに、はっとすることでしょう。使うお米にこだわり、仕込みにこだわり、蒸留方法にこだわる…。とことん追求したら、奥深い味わいの焼酎が出来上がりました。

原料には、農薬も肥料もつかわない自然栽培米を100%使用しています。大地にしっかりと根を張り、自力で生長するお米は、生命力がみなぎっています。
そのお米を「山廃仕込み」という昔ながらの方法で日本酒から丁寧に仕込みます。このような仕込みでつくる焼酎は大変貴重と言えるでしょう。自然に蔵や桶に棲み付く菌たちの働きで、麹の糖分をアルコールに変える昔ながらの手法です。つくり手である杜氏の経験・勘が頼りの高度な技術です。

その後、その日本酒を熱して気化させたあと、冷却して再び液体に戻して蒸留します。「単式蒸留方式」と呼ばれる、焼酎本来の味・香りを残すことができるアナログ式の方法を用いています。

ゆっくりじっくり、米と菌と向き合う職人のひと手間。その味わいには、飲む人の心地を大切にする、つくり手の真心が潜んでいるのかもしれません。

つくり手の紹介「杉井酒造」

1842 年(天保13 年)創業。明治初期頃から酒づくりを始め、現在まで約170年の歴史をもつ老舗の蔵元です。日本酒の他にも、純米みりん・米焼酎や芋焼酎も仕込んでいる、珍しい酒蔵です。

六代目当主の杉井 均乃介さんは、自ら杜氏として酒づくりに関わっています。自然の働きによって醸しだされる深い味わいの酒をつくりたい。日本の稲作・食文化の歴史の中で育まれた先人の知恵にその味を生み出す可能性が宿っているのでは…。そんな思いから2003 年に「山廃仕込み」、翌年に「生もと造り」の手法を取り入れています。
その日の気温や湿度によってまるで生き物のように変化する、昔ながらの酒づくり。ちょっとした様子の違いが仕上がりの味わいを大きく左右するため、常に気を配る必要があります。それでも続けるのは、本当に旨い酒をつくりたい、というぶれない思いがあるから。

できることを一歩ずつ。日々の積み重ねが、その酒をより奥深い味わいに育てるのかもしれません。

—————————————————————————

「蔵の宵 純米」「蔵の宵 純米原酒」
●内容量:720ml
●原材料:自然栽培米・米麹
●製造者:杉井酒造(静岡県藤枝市)
●アルコール分
蔵の宵 純米:13%以上14%未満
蔵の宵 純米原酒:18%以上19%未満

「米焼酎」
●内容量:720ml
●原材料:自然栽培米・米麹
●製造者:杉井酒造(静岡県藤枝市)
●アルコール分:25.5度

こちらはナチュラル・ハーモニー オリジナル製品です。

—————————————————————————

〈 購入できる場所 〉

■ネットショップ

・ナチュラル&ハーモニック プランツネット
https://www.nh-plants.net/

蔵の宵 純米 720ml  2,732円(税込)
https://www.nh-plants.net/shopdetail/000000000302/
※新月セール 3/12(金)・3/13(土)・3/14(日)は10%OFF

蔵の宵 純米原酒 720ml 3,047円(税込)
https://www.nh-plants.net/shopdetail/000000000301/
※新月セール 3/12(金)・3/13(土)・3/14(日)は10%OFF

ナチュラルハーモニーの米焼酎 720ml 3,088円(税込)
https://www.nh-plants.net/shopdetail/000000000300/
※新月セール 3/12(金)・3/13(土)・3/14(日)は10%OFF

・Webショップ mai
https://www.mai-rice.com/index.html

蔵の宵 純米 720ml  2,732円(税込)
https://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000694/

蔵の宵 純米原酒 720ml 3,047円(税込)
https://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000693/

ナチュラルハーモニーの米焼酎 720ml 3,088円(税込)
https://www.mai-rice.com/shopdetail/000000000692/

■直営店舗
新月の日はお買い得! 直営店舗では、新月セールを毎月開催しています。
3月は「蔵の宵 純米」「蔵の宵 純米原酒」「ナチュラルハーモニーの米焼酎」がセール期間中10%OFFになります。

・ナチュラル&ハーモニック プランツ(横浜)
★新月セール 3/12(金)・3/13(土)・3/14(日)
https://naturalharmony.co.jp/plants/

■ナチュラル・ハーモニーの宅配
https://naturalharmony.co.jp/takuhai/

※ナチュラル・ハーモニーの宅配では、会員様に特別価格にてご案内しています。

 

関連記事

よく読まれている記事