ナチュラルな暮らしを楽しむWEBMAGAZINE | ナチュラル・ハーモニー
object(WP_Term)[5173]
  public 'term_id' => int 24
  public 'name' => string '飲料' (length=6)
  public 'slug' => string 'beverage' (length=8)
  public 'term_group' => int 0
  public 'term_taxonomy_id' => int 24
  public 'taxonomy' => string 'category' (length=8)
  public 'description' => string '' (length=0)
  public 'parent' => int 16
  public 'count' => int 1
  public 'filter' => string 'raw' (length=3)
  public 'term_order' => string '7' (length=1)
  public 'cat_ID' => int 24
  public 'category_count' => int 1
  public 'category_description' => string '' (length=0)
  public 'cat_name' => string '飲料' (length=6)
  public 'category_nicename' => string 'beverage' (length=8)
  public 'category_parent' => int 16

ものづくりのこと

飲料

水を考察する「本当に良い水とは」

2017.06.20

 とても身近な物質のひとつである「水」。空から雨となって降り大地を潤し地下水となるものや、川を流れ大海へと流れ着いて地球をくまなく循環し、あらゆる生態系の維持に欠かすことができないものです。
 地球上の水の量の約97.5% は海水で、約2.5% が淡水といわれており、しかも淡水のほとんどは南極や北極に氷として存在しているため、人類が利用できる水はわずか0.01% となります。
 そんな身近にあるけど大切な「水」について考えてみました。

意外に少ない

 水の惑星とも呼ばれる地球ですが、水は豊富にありながらも、実際私たちが生活に使える水というのが極めて少ないことが分かります。幸い私たちの住む日本では、水資源が豊富であり上水道が整っているため、生活用水に困ることはめったにありません。
 でも近年では飲水としての安全性が問われることが多くなり、水道水を直接飲水とする家庭が少なく、それにともなって浄水器やボトル入りミネラルウォーターなどへの関心が高まり続けているようです。そこで、何が最も身体に適した水なのかという疑問が出てきます。ひとつの目安として、私たちが理想とする飲水のあり方を考えてみたいと思います。

ミネラルウォーターの正式名

「ミネラルウォーター」、正確には「ナチュラルミネラルウォーター」と定義された水だけでも、国内産・外国産を含めると相当数の銘柄が販売されています。国内産と外国産とくにE U 加盟国との基準の違いは、国内産は殺菌を前提としていますが、EUの基準ではそのままの水を充填しなければならないことになっており、安全への考え方の違いが浮き彫りになっています。EU加盟国の考え方では、そのままの水でなければ、自然つまりナチュラルではないという見解です。
 また、最近スーパーなどでよく見かける「RO水」という水の販売機を見かけますが、これは、逆浸透膜という人工的な膜に水を通して、含まれる成分をほとんど除いた「純水です(人工的にミネラルを添加しているものもあります)。ほとんどの水源は水道水になりますが、元々は海水を淡水に変えることや純度をさらに上げて「超純水」にすることで、精密機械などの洗浄用に開発されてきた技術です。
 さて、この「RO水」ですが、無償で提供するスーパーもあり、水道水を敬遠する家庭では利用率は大変高いようです。
 確かに水道水中の塩素は取り除かれているとすれば、その部分では安全といえるかも知れません。

自然を反映した存在

 様々な水が存在する中で、日本でもついに無殺菌・無除菌の水が認可されました。法律自体が整備されていなかったため、認可までに1 年以上の歳月がかかったのですが、自然の水の素晴らしさは飲んでみて初めてわかります。
 私たちが最も価値を置くのは、いかに自然に近いかという視点です。必要以上の付加価値を付けたり成分の調整をした水は不自然だと考えています。また、ダイエットのため健康のためにと無理に硬度の高い水を飲む方がいらっしゃいます。それも飲み方によっては身体に負担になる場合もあるので注意が必要です。
 大地に染み込んだ雨が地下水となり、気の遠くなるような年月をかけて自然ろ過され、ミネラルを吸収して地表に現れるとき、それは生き物にとってかけがえのない物質となります。そこに理屈は必要なく、それが本来身体に必要とされる水であると考えられます。
 幸い日本の国土はとても水に恵まれ、その豊かな水を活かした稲作や染織などの文化が興隆しました。日本人はまさに水とともに生きてきた民族といってもいいでしょう。
 水は大自然をそのまま映し出したような存在です。科学的に見ても水ほど不思議な性質をもった物質はないそうです。そう考えると、とても神秘的な気持ちになり、あらためて水に感謝したい気持ちも同時に心の底から湧き起こってきます。

 ナチュラル・ハーモニーでは、ノンフィルターで無殺菌・無除菌のナチュラルミネラルウォーターを販売しています。自然のそのままの水は、喉越しがとてもスムーズ。飲料や料理すべてに使いたくなる飲みやすさがあります。

関連記事

よく読まれている記事